前世紀

先日嫁はんが里帰りした際に持ち帰った写真。いまでは生意気な長男も、当時はまだ幼稚園に入る前で、とても可愛らしい。その横には、見覚えのある若い女性。シャッターを押したのは、お袋さんで、孫を連れて旅行に出掛けた時のものだろう。思わず見とれてしまうほど、別嬪さんに撮れている嫁はん。

小生が撮った写真と比べると、嫁はんの表情が柔らかい。お袋さんは撮り方が上手なのだと、当時は思っていたが、カメラマンとの信頼関係が写りこんだのではないかと思い始めた。当時こちらの撮った写真には、「大丈夫かぁ?」という嫁はんの思いが写りこんでいるようで、どれも表情が硬い・・・。

アル中全盛期だった、前世紀の写真。(お見せ出来ないのが、残念・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2009-05-20 23:23


<< よしなしごと 渦中 >>