デパート

f0126840_232004.jpg学生の頃、師走はバイト月間でした。
理系は授業がキッチリ詰まっていましたが、
休日や、平日の一般教養をサボってデパートでバイトしました。

お歳暮のシーズンに、特設売り場にて配送伝票を書く仕事です。
胸には「実習生」のネームカードを着けます。
(「バイト」だと客の心証が悪くなるらしい)


デパートには隠語があります。
客の前で「メシ食って来ます。」と言うと「客を放ったらかしにしてメシ食いに行くんかい?」
と言われかねないので、「シロ(白)行って来ます。」と言います。
休憩はミドリ、トイレはムラサキ、万引きはシグレ、保安係はカサ、
これだけは覚えるように言われました。

隠語は覚えたものの、客がズラッと並んでいる中、食事に行くのは気が引けます。
(参ったなぁ)と思っていたら、横にいたベテランの女性店員さんに、
「シロ行って来ます。」と先に言われてしまった。

『言ったもん勝ち』ということが判ったので、それ以来早めに『シロ』へ行くことにしました。
どうせ一人ではサバキきれないのだから、客のことは考えないようにしました。

おもちゃ売り場の担当になりました。A包装、B包装の包み方を教わりました。
「こんな感じですか?」と包んでみたら、「去年も来たの?」と言われました。
初めてとは思えないそうです。友人はどうしても包装がマスターできず、
「売り場はいいから、ビラ配って来て。」と言われたそうですから、包装にもコツがあるようです。

クリスマスの次の日だったと思いますが、若いお母さん(ママさん)が子供を連れてやって来ました。

「これ、電池を入れても動かないんですけど!」
「そうですか」と電池を入れてみますが、動きません。
「○○(別のデパート)では、売る前に動くかどうか、確かてから売るわよ。」
「はぁ?」その時の自分には、ママさんが何を言いたいのか判りません。
(だったら○○で買ったら良いのに・・・。)
(うちでも売る前に確認してるはずだがなぁ。忙しくて、そのまま包んだのかも)

「サンタさんからの贈り物だったのに・・・。」
そう言われても、ママさんが何を言いたかったのか当時は判らず、係長に対応を引き継ぎました。

数年前のことですが、うちの坊主が「チクタクパニック」をサンタさんにお願いするというので、キディランドで買いました。
ありきたりの包装が気に入らなかったので、わざわざ英字新聞を買って、包み直しました。
翌朝、坊主が英字新聞をバリバリと破り、遊び始めましたが、すぐに飽きてしまいました。
「こら、せっかくサンタさんがくれたのに、キャンセルしてもらうぞ!」
「うん、キャンセルして欲しい。」と、したたかな奴。

商売ガタキを引き合いに出したら、正社員なら態度が変わるかも知れません。
理解できる相手なら、気持ちを理解してくれたかも知れません。
相手の気持ちが判らない、バイトの店員に、何を言ってもムダです。
[PR]
by enantio-excess | 2007-02-10 23:26


<< 散髪 調査不足 >>