春はまだか?

f0126840_23154685.jpg(寒いので、「冬」にしました。)

今日は梅田から私鉄に乗って例会場へ。
二度目だから乗り場はバッチリである。
電車のシートに座ると、前回の訪問時を思い出す。

最後尾の車両で、車両一両丸々、携帯電話のスイッチを切らねばならぬのだが、
和服のオバさんが気にせず、メールを打っていた。
車掌が巡回して来て、軽く注意する。
「はいはい、判りました。」と生返事するオバさん。
車掌は去っていくが、一向に中断する気配がない。
最後尾だから車掌からは丸見え。しばらくして、もう一度車掌がやって来た。
「携帯を使われるんでしたら、前の車両へお移り下さい。」
「判ってるって、言ってるでしょ。」
逆ギレするオバさん。そのままメールを打ち続け、送信してらしく携帯をしまい込んだ。
(ちっとも判って無いじゃん・・・。)

今日、その光景が頭に蘇ったので、
自分も「判ってる」と言いながら、飲み続けていたことを思い出した。
(ちっとも判って無かったのね・・・。)

そこのメンバーとは断酒会仲間であるとともに、メール仲間でもある。
風邪を引いていたが、今週始めから復活とのこと。「近場から始め、復調したら・・・」調のメールを貰ったが、昨日
マイ断酒会に来るつもりだったらしい。
病み上がりに、遠路はるばる来られて肺炎にでもなったらどうすんねん?
(職場の上司も、マイ断酒会のメンバーも肺炎である。)
ということで、(打合せ事項もあったし)こちらからお邪魔することにした。

「アル中の心に潜む悪魔」の話を聞いた。悪魔は消えないとのことである。
悪魔は出ていく(消える)と考えていたので、興味深く聞かせて頂く。
巣食う悪魔に打ち勝つために例会へ行く、と理解した。

自分は、悪魔を寄せつけないために、例会へ行くと考えていたのだが、
もともと心に潜んでいるか、侵入して来るかの違いはあれ、
例会へ行かないと、心を奪われるという点は同じである。
油断すると、いつでも侵入して来るから、潜んでいるのと変わらないのかも知れない。


地下鉄の車内で「車内で大声で話すのは止めましょう」という旨の啓発広告を見た。
(関西の鉄道グループが共同で掲載している広告みたい。)

オチのない話をしてしまったら、隣のオバちゃんに「オチないんかい」と突っ込まれた。(○○歳、会社員)
関西っぽくて、なかなか良い広告だと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-03-08 23:16


<< 倫理社会 まとめ買い >>