微妙

f0126840_23303467.jpg肝機能が悪く、医者に断酒を薦められたが、つい飲んでしまう。
医者に話したところ
『例会で皆が、どれだけ苦労して止めてるか聞いて来い!』
と言われたので来ました、という方が先日来られた。
何とも微妙である。

酒を止めたいと思う人は拒まないが、
例会は一般人(医療関係者は別)への見せ物ではないのである。
アル中の集まりで、アル中が話をするのだから、普通人の感覚で「聞きに来ました」と言われると、戸惑ってしまう。

医者が断酒を薦める位だから、止めた方が良いのだろうが、
ご本人が止めたいのか、止めたくないのかがよく判らない。
(止めなくて済むなら、止めたくはないのだろうが・・・。)

医者の『どれだけ苦労して止めてるか聞いて来い!』というのも気に入らない。
『飲みたくて堪らないけど、一緒に我慢しましょうね』と励まし合う会だと思われているのだろうか?
(確かに、そういうネーミングではあるが・・・)
何とも微妙である。

一昨年、息子の運動会にて、お孫さんの応援に来ていた、マイ断酒会のメンバーにあった。
昼食時には、あっちでもこっちでも、弁当を食べながら、ビールを飲んでるが、
マイ断酒会のメンバーが同じ所にいるというだけで、心強い。

メンバーの息子さんにお目にかかったので、ご挨拶したら、
「うちの親父と違って、若いんやから、直りますよ。」と励まして頂いた。
励まして下さる気持ちは有難いのだが、
何とも微妙である。
[PR]
by enantio-excess | 2007-03-17 23:47


<< グランシャトーCM ええとこだっせ >>