特等席にて

f0126840_23554440.jpg「きづな会」の記念大会に参加した。
開始は12時半からと思っていたが、
アルラさんとこで見たら「12:00~16:00」になってるじゃん。
最短時間で行けるJRを選択したが、それでもギリギリである。

大阪駅に到着したら、快速電車が遅れており、
「高槻までは、普通電車を御利用下さい」とのこと。
(間に合いそうもないな・・・。)

会場に着いたのは12時過ぎであるが、会場前にて皆さん「のんびり」としてらっしゃる。
パンタタさんのお顔を見かけたので、
「12時からちゃいます(違います)のん?」
「アルラさんの間違い。」とのこと。
(アルラさんが間違ってくれはったおかげで、時間に間に合いました。)
真美さんも元気そう。会場の入口でお弁当を食べておられる。

会場に入ったら、後ろの方は一杯だったので、ずーっと前の方へ。
一番前の席に座ることになりました。
アルラさんの横の席に荷物を置いて、トイレを済ませて着席してみて驚いた。
最前列とは判っていたが、ど真ん中なので、演台が真正面にある。
(これは、寝れんな・・・)
じっくり聞かせていただきました。

入院直後から院内講義は、毎回、最前列の特等席に陣取ったのを思い出した。
(カリキュラムを早くこなして、とにかく退院したかったから。)

医者に「退院しても良い」といわれた時には、
「カリキュラムが終わっていません」と退院を延ばしてもらったが、
退院して、断酒できるのかどうか、不安になったのが本当の理由である。

帰宅後、マイ例会に出席したが、
最前列で聞いたのと、例会の司会が重なったこともあるとは思うが、
一日に二ヶ所は少しキツイように思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-03-21 23:58


<< 三日月 難問 >>