不安な風

f0126840_2355470.jpg昼飯を食ったあと、デジカメ(中望遠ズーム、ファインダー付)を持って出かけた。
(結局、一眼レフには手が出せなかった・・・。)
嫁はんと娘を置いて、自転車で出掛けるのは気が引けたので、
「ホームセンターへ行ってくる。」と言い訳をした。

風が強かった。耳の横を風が通り過ぎる。何かすごく不安になった。
(何故こんなに不安になるのだろう。自動車の音が聞こえにくくなるからだろうか。)

川に出て、堤防沿いを上流へ走る。釣りをしている人もいた。何が釣れるんだろう。河川敷ではバーベキューをしている人達や、ラジコンを飛ばしている人がいた。今度は家族で来よう。
いい調子で県境まで来て、折り返すことにした。
途端に向かい風が吹いてきて、ペダルが重くなる。

これか!不安に感じたのは・・・。

普段、あまり自転車に乗らないから、向かい風の恐ろしさを忘れていた。
ずごくペダルが重い。かなりの距離があるが、自力で帰らねばならない。
「トロッコ」の少年の心境であった。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-20 23:54


<< 休日の過ごし方 風呂のなかで考える >>