センス

f0126840_23432033.jpg職場のバット君(「でもね」を連発する君)も、
アイ子(「私は」で始まる女)も、的外れなことを連発する。
的外れなことを連発するから、時間が掛かる割には、仕事が進まない。
仕事のセンスがないのである。
現職の経験年数は自分より上なのに、不思議である。

考えてみた・・・。

自分が現職に着いた時、判らないことだらけであった。
知ったかぶりしても仕方がないから、誰彼構わず尋ねまくった。
人の意見を素直に聞き、貪欲に吸収した。
(中には間違ったものもあったが・・・。)


f0126840_2344843.jpg彼らに共通するのは、人の話を聞こうとしないことである。
「相手の意見を採り入れること」=「自分の負けを認めること」
と信じているかのように、自分の考えを貫き通す。
その考えが正しければ良いのだが、的外れなことが多い。

経験年数を重ねるにつれ、ますます意固地になっているようだ。
これではセンスが磨かれまい。

人の話を聞くということは、とても大事であると思った。


f0126840_23444074.jpg

さて、
写真のセンスがあるかどうか、わかりませんが、
一枚目は「川鵜のすずなり」、二枚目は角度を変えてみたものです。
(パンタタさん如何でしょう・・・。)
水が「青と白」に写るのは、青空が反射したようです。
白いのは光の加減か、水面の波紋に雲が写ったんだと思います・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-03 23:55


<< 曲線大好き 投降 >>