傷跡

f0126840_23364687.jpg先日、ブログを更新していたら、嫁はんが覗きに来た。
毎日更新しているというと、感心していた。
(何事も長続きしないことをよく知っているらしい。)

嫁はんが、腕を見せて、
これ、覚えてる?」と訊く。
(見れば、引っかいたような傷跡がある。)
嫁はん曰く、自分と組手をした時の傷だという。

酔っ払って、組手をしたことまでは、うっすら覚えているのだが、
嫁はんがケガをした時の記憶は曖昧である。
その時計の金具が引っ掛かったの・・・。
と自分の左手にある腕時計を指差す。
凶器まで示されては、分が悪い。

ふーん、包丁で切ったんじゃないの?」シャレでごまかしてみた。
こんなとこ、包丁で切るわけないじゃない。」シャレはウけたが、忘れてはもらえないようである。

もう、傷跡は増やさない。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-07 23:47


<< 悪癖 一度目の失敗 >>