日本語

f0126840_2340128.jpg夜だというのに、昼間のような明るさである。
ショットバーの姉ちゃんが、ビラを配ろうとしたのだが、軽く愛想笑いを浮かべたものの、受け取らなかった。
と、目の前の信号が赤になった。
姉ちゃんは、この時とばかりに配りまくっている。
(受け取らないと、しょうがないかな・・・。)
(よし、この手で行こう。)
姉ちゃんがビラを配りに来たら
「ニホンゴ、ワカリマセン」と言おう。
観光客が多いから、観光客を装っても通用するはず。あとは、カタコトの日本語が発音できるかどうかである。
「にほんご、わかりましぇん。」
(これでは、ちょんバレである・・・。)

f0126840_23405035.jpg職場のバット君が電話口で話すのを聞いていると、
日本語は、ずるい言葉のように思えてくる。
「あーだ、こーだ」と判りにくい専門用語を並べて自論を述べた後、
「・・・かも知れない。」とボソッと締めくくる。

相手は、バット君がまくし立てるもんだから、きっと正しいのだろうと
「あーだ、こーだ」の部分を一生懸命理解しようとしているのである。

最後が「・・・かも知れない。」では、相手が可哀相である。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-20 23:46


<< 自作 納期 >>