三原色

f0126840_23917100.jpg仕事柄、紫外線をよく使ったものである。
夏目漱石の千円札が出た頃、札に紫外線を当てると、
印章が赤く浮かび上がるのを見て、スゴイと思ったのを思い出す。

今は、デスクワークばかりなのだが、お札に紫外線を当てたところを写真に撮りたいと思った。
ホームセンター等で、入手出来そうなものをあれこれ買い込んでみたが、なかなか、まともな紫外線の光量が得られない。
ただいま、LED(発光ダイオード)にて、紫外線の光源を得ようと、鋭意研究中である・・・。

f0126840_2311496.jpg光の三原色を混ぜてみようと思った。
赤、青、黄かと思ったら、赤、青、緑だというではないか。
赤と緑が混ざると、黄色になるというあたりが、うさんくさい。

で、試してみた。

タバコに付いてきた、LEDライト付きライターを3個用意する。
LEDの部分に、赤、青、緑の色セロハンを貼る。
手は二本しかないので、輪ゴムを巻いて、スイッチを押す(以上、一番上の写真)。
白い紙の上に、光を当てて、写真機にて撮影(真ん中の写真)。

f0126840_23125643.jpgあとは、真ん中の一箇所でのみ三つの光が集まるようにしつつ、撮影すれば良いのだが、なかなか難しい。セルフタイマーを使うとはいえ、手は二本、ライターは三つ。
片手で二個持ちつつ、シャッターを押して、もう一個の光を当てれば良いのだが、うまく当らない。

赤と緑が混ざると、黄色になるというのは、実感出来たので、
まずは、満足である・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-23 23:17


<< 毎年恒例 大画面 >>