盂蘭盆会

f0126840_23104753.jpg仕事を終え、写真を撮りに行こうと考えた。
思いついたのが、五重の塔。
(ライトアップされているかも・・・)
などと想像してみたが、良く考えてみるとお盆である。
f0126840_23115469.jpg
ついでに、お参りをしてくることにした。
f0126840_23132343.jpg
お袋の実家が近くなので、子供の頃はよく来たものである。
だから、この界隈は土地勘があったりする。
三十数年を経て、アル中になろうとは、思ってもみなかったろう。
今となっては、お寺よりも近くのクリニックの方が、
身近な存在であったりする。
f0126840_23142997.jpg
まずは講堂へ行き、お参りをする。
お賽銭に百円玉を入れようかと思ったが、
十円玉が重いので、そちらにしようと思いなおす。

f0126840_23161452.jpg
さらに考え直し、十円玉4枚と五円玉にした。
お賽銭は「ご縁がありますように」と五円玉を入れるか、
「始終(しじゅう)、ご縁がありますように」と四十五円入れるのだ
と子供の頃教わった。

f0126840_23233495.jpg境内をぐるっと散歩してみた。
縁日が出ているとはいえ、お祭りではないから、静かである。
引導鐘の音をとても懐かしく思った。

ガキの頃、よくセミを捕まえたが、お盆に捕まると、
「お盆には、ご先祖さまが帰ってくる。」
と大人に叱られたものである。

老人とすれ違った。
誰かに似ている。誰だろう・・・。

f0126840_23251137.jpg三十数年前に亡くなった、母方の祖父に似ていた。

相撲と落花生が好きだった祖父のことを、唐突に思い出した。
[PR]
by enantio-excess | 2007-08-14 23:30


<< 時限爆弾 里帰り >>