宿題

f0126840_23353249.jpg昨日、嫁はんが実家から戻って来た。
長女がこちらを見て、ニタァと笑う。
しばらく離れていたが、顔を覚えていたのが嬉しい。

長男はこちらの顔を見るなり「ゲームしていい?」と訊く。
爪が伸びてくるまでゲームは禁止と決めたのだが、先日、眉毛を剃ってしまい叱られた長男。
「じゃあ、眉毛伸びてきたら、ゲームしていい?」と訊く。
(その提案は、自分にとって不利であることが判っていないようだ。)

「夏休みの宿題が終わったら、ゲームしてもOK。」と提案してみた。
「そんなの無理だ。」と長男が言う。
宿題の進み具合を訊くと、プリント類は完了したという。
残っているのは、「自由研究」と「平和学習」のふたつである。
プリント類が完了しているのは、感心した。
(自分の頃は、今の時期ならもっと大量に残っていたように思う。)

「じゃあ、あと二つじゃん。宿題は終わるし、ゲームは出来るし一石二鳥だ。」
と提案してみたのだが、どうも難題らしく、涙ぐんでいる。
「平和学習」が難題らしい。「平和について、資料を20ページ集めて、それをもとに感想を書く。」らしいのだが、どこから手を付けて良いのか判らないという。どんな資料を集めるのか尋ねると、戦争の資料と答えるばかりで、よく判らない。

何やら、パソコンで検索していたが、「生麦事件」を調べている。長男が聞き漏らしたのか、そもそも教員の説明が不十分だったのかよくわからないが、アドバイスのしようがない・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-08-18 23:34


<< 鶴 泣き言 >>