喜 怒哀 楽

f0126840_22343416.jpgマイ例会にて、メンバーの体験談に耳を傾ける。
入院中のメンバーの失敗談。なかなか継続が出来ないらしい。
聞いていて感じるのは、「哀」の感情ばかりである。

失敗談を聞いていて、「何故止められないの?」との疑問も出てこない。病気だから、仕方がない。自分も再飲酒する可能性はゼロではない。頑張ってほしい。
失敗談を聞いて「怒」の感情は生まれないものだと考える。

「喜怒哀楽」のうち「怒」も「哀」もネガティブな感情である。
「喜」と「楽」はポジティブな感情である。
「怒」と「哀」の感情は近いのではないだろうか。そんなことを考える。
(すくなくとも、「喜」や「楽」とは正反対の感情であろう・・・。)

別の入院中のメンバー、今日が例会初参加だという。
アル症と診断されたこと、病識が無かったことを話される。
これから勉強して行きたいのでヨロシクと締めくくった。
自分もそうだったなぁ、などと思い出す。頑張っていただきたいものである。

f0126840_22362084.jpgマイ例会のメンバーについて、失敗談を聞かされた。チョイ飲みである。何度もいい加減にして欲しい。だんだんと「怒」の感情が生まれてくる。先程の失敗談では、「哀」の感情しか感じなかったのに不思議である。

初参加のメンバーもいるのである。他人をも巻き込みかねない失敗談。チョイ飲みするなら「節酒会」へ行って欲しい。

やはり「哀」と「怒」は近い感情なのだ、
と得心したマイ例会であった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-09-19 22:43


<< CM 許容範囲 >>