ラッキー

f0126840_23361336.jpg本日はマイ例会にて、早めに帰宅して例会場へ向かう。
日が短くなったので、早々に自転車のライトのスイッチを入れる。

(あれ、点かない・・・。)

先週、電池を換えたばかりなのだが、そのあと嫁はんが乗った際、スイッチを切り忘たらしい。
電池を換えて、ライトを点けて例会場へ向かう。

住宅街の十字路に差し掛かった。
徐行しながら、見通しの悪い右側に注意を払う。
とそこへ左側から、自転車が突っ込んで来た。
無灯火である。五十過ぎだろうか、年配のおっさん。危うくぶつかるところであった。

道幅は同じなのだが、こちらよりも相手が直進してきた道の方が、通行量は多い。
おっさんは、こちらが見えていたようである。当然こちらが止まるものと思っていたらしい。
見えていれば止まって譲るのだが、無灯火で突っ込んで来られては、止まりようがないではないか。

電池を交換していて時間を喰ったのだが、電池を交換することなく出発していたら、おっさんとは出会わなかった筈である。スイッチを切り忘れた嫁はんに、文句を言ってやろうかと思った。
が、こうも考えてみる。あのまま、すんなり出発していたら、事故に巻き込まれていたかも知れない。前を見ない『ガキんちょ』が突っ込んで来たかも知れないし、駐車場から出てきたばかりの自動車に撥ねられていたかも知れない。この程度のトラブルで済んだのはラッキーだった様に思う。

今宵の月は満月であるが、残念ながら雲に隠れて、たまにしか見えない。
昨日の月が、真ん丸ではなかったものの、くっきり見えたのもラッキーだったのだと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-09-26 23:40


<< レンズフィルター ネガポジ >>