憂鬱

f0126840_08042.jpg毎年、この時期は憂鬱である。職場で上半期の人事評価がある。
上半期に終えた仕事の内容を書面にて提出するのだが、その後、上司からここがダメだったと小言を喰らうのである。書面を記入していると、小言をもらうために書いているような感覚に陥る。小言を言いたいのなら、自分で書きやがれ!と上司に言いたいところである。

ある程度、階段を昇っていたら、それほど影響を受けないのだろうが、昇る手前で、一旦下ってしまったもんだから、この時期は憂鬱である。

f0126840_0101154.jpgようやく下る前の給与水準に戻りつつあるが、もし下っていなかったらなどと考えてしまう。
月額の給与の差分(円)×12(月)×5(年)
結構な額である。暗算でスラスラ計算できてしまうのが、悲しくなる。民間の厳しい現実であろう。これがアル中を認めた結果なら、アル中を認めなければ良かったなどと思う。

とはいえ、あのままアル中を認めなかったら、体はボロボロになっていたのだろうとも思う。
おかげさまで、健康診断の結果(だけ)はAクラスである。
薄給ではあるが、健康体を手に入れたと思えば、安いもんかも知れない・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-10-09 23:59


<< ドンペリ 飛蚊 >>