思い込み

f0126840_23415432.jpg午後から出張で外に出た。約束の時間まで間があったので、写真を撮ることにする。真昼間に、スーツ姿でカメラを構えているのは、少し異様に見えるのだろうが、誰に咎められるでもない。とはいえ、人通りの多いところでは、さすがに抵抗がある・・・。

さて浪速の街では、信号を守らない人もいるのだが、日銀の北側で御堂筋に交差している道路の信号は、時差信号なので危険である。
片側の信号は赤信号でも、反対方向はまだ青信号である。

けっこう、車はスピードを出しているので、赤信号とわかっていたら、誰も渡ろうとは思わないだろうが、横の信号が赤になるもんだから、もうすぐ青信号になるだろうと思い込んで渡り始める人がいる。

f0126840_23443216.jpg工事の警備員が、「危ないですよ!」と注意するのだが、止まろうとしない。横の信号が赤だから、車は来ないと信じきっている様子。車が突っ込んできて、クラクションを鳴らす。鳴らされた方はビックリなのだろうが、そもそも赤信号なのだから、当たり前である。

先日の夜、別の信号にて、横方向から車のライトが近付いてこないので、渡り始めたらタクシーが突っ込んで来た。ライトを消して停車していたタクシーが、そのまま加速して交差点に侵入して来たのである。動くならライトを点けろ!と言いたいところである。

本来、赤信号を渡ってはいけないのはいうまでもないが、思い込みは極めて危険である。
[PR]
by enantio-excess | 2007-10-24 23:54


<< empty 泣き声 >>