隠し事

f0126840_23223643.jpg結婚当初から嫁はんは、よく小生のカバンを無断で開けた。
実家にお邪魔した時、お袋さんが横で見ていて、
「勝手に開けたら駄目じゃない!」とたしなめた。
別にやましいものが入っていた訳ではないから、
「いえいえ、構いませんよ。」と笑っていたものである。

小生の携帯電話も嫁はんは、自由に閲覧する。
こちらが気付く前に「○○さんから、メール来てたわよ」と教えてくれたりもする。
携帯の電話帳も会関係の方が大半。
浮気なんぞしたことがないし、嫁はんに隠すのも面倒くさい。

そんな小生であるが、酒を隠すのに色々と努力した。

f0126840_232469.jpg帰宅前、コンビニで酒を買って、とにかくカバンに押し込む。
家に入る時は、カバンひとつである。
嫁はんと顔を合わす前に、寝室横の冷蔵庫へ行き、コンビニ袋ごと冷蔵庫に放り込む。
まったく何も見つからないと疑われるだろうと考え、カモフラージュ用にロング缶を買っては、台所の冷蔵庫に入れたこともある。
飲んだ後の酒パックは潰すと平たくなるのだが、処分に困り絨毯の下に隠したこともある。
(掃除の時に嫁はんが発見し、これだけは止めるように言われた。)
酒を止めてからは、そんな苦労をしなくて良いし、嫁はんに隠している事は何もない。

やっぱり、酒を止めてる方が楽チンだと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-12-26 23:31


<< 秘め事 夜景 >>