代引き

f0126840_05192.jpg嫁はんが実家へ帰っているので、お留守番である。
玄関のチャイムが鳴ったので、出てみたら宅配便。
兄ちゃんが、嫁はんの名前を言うので、印鑑を渡そうとしたら、
「着払いなんですが。」という。
兄ちゃんが示す伝票を見ると、嫁はんの名前に間違いないのだが、中身が判らない・・・。

「中身、何ですか?」と訊いてみたが、「お茶ですかねぇ。」とのこと。
パッケージを拝見するが、「健康」の文字は目に入ったものの、中身が何なのか、記載がないのである。包みを受け取ったものの、本当に嫁はんが注文したものかとうか判らない。

「どうされます?」と兄ちゃん。金額は五千円。
「あんまり着払いでは買わないんでねぇ・・・。」と受け取りかねる旨、表明してみた。
兄ちゃんは、不満を言うでもなく「では、また後程お持ちします。」と包み持ち去った。

f0126840_081823.jpg「何か着払いで買った?」とメールにて嫁はんに確認すると、クッキーとのこと。
(えらい高いクッキーやなぁ・・・。)

ダイエット食品のようである。メーカのHPを拝見すると、一食あたり5百円そこそこなので、普通の食費と変わらないとのこと。
(されど、クッキーはクッキーであろう・・・。)

数時間後、再び兄ちゃんが届けに来た。
手間を掛けさせたと思ったので、お礼を言いつつ受け取った。
兄ちゃんの「お茶ですかねぇ」との読みは鋭いと思った。
(重さと金額から判断したのだろう・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-05 23:53


<< 未練 里帰り >>