コレクション

f0126840_03834.jpg長男が、某出版社の鉱物雑誌に興味を持ったようである。
隔週刊で、創刊号だけ特別価格というもの。
先々週のこと、長男がアメシストの標本を眺めていた。
(ああ、買いよったんやな・・・。)
と思ったものの、アメシストがどんな石なのかはこちらも興味があった。

一昨日、家に帰ると長男が標本箱を手にしている。第二号の付録である。
スペースは、20個分あるのが、埋まっているのは2箇所だけである。
一冊が千円弱だから、20個すべて埋めるとなると約2万円かかる。
(全部埋める気なのだろうか・・・。)

こちらが絶頂期に飲んでいた一日分の酒代は千円弱。
そう考えると安い気もするのだが、鉱物に2万円も注ぎ込むのは如何なもんだろう・・・。
出版社のHPによれば、第100号まで予定しているらしい。(なんと10万円!)

飲み方がおかしくなってから、止め始めるまで4年かかったのだから、せいぜい100日分の酒代で驚くのも変な話ではある。
(保険適用前の医療費総額は100万円程だったし・・・。)
そう考えると、ずいぶん無駄な金を使ってきたものである。

とはいえ、やはり家族会議を開いた方が良さそうである・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-24 23:58


<< 1月25日 アテ >>