- The 42nd anniversary - (memorial meeting)

f0126840_22324387.jpg記念大会にマイ例会のメンバーと参加。待ち合わせの時間が昼前なので、自宅にて早目の昼食をとることにする。出立の時間まで残り10分となった頃、ようやく嫁はんが昼食が出来たと声を掛けてくれた。食卓には、アツアツのラーメンが置いてある。おお、時間がないのにどうやって食べろと言うのだろう。小鉢にて冷ましながら食べるものの時間切れで、半分程しか食べられなかった・・・。

会場へ向かう途中、歩きながらタバコに火を点けるメンバー。路上喫煙禁止区域のど真ん中だが、ご存知でない様子。止めていただくよう、軽く指摘すると、すぐに消してくれたものの、吸殻は土佐堀川へと消えて行った・・・。

発表中に感極まって、言葉を詰まらせた方がいて、嫁はんが泣いた時のことを思い出した。数年来、嫁はんを泣かせてはいないものの、泣かせたことは事実である。長女が最近よくやる「えーん、えーん」という泣きまねみたいな可愛らしいものではなく、悲しくてたまらなかったのだろう。元来脳天気な嫁はんを泣かせるとはヒドイ男である。

帰りがけ、お約束のシュークリームを買って帰ると、「メールは長男が出したの」という嫁はん。「ん?メール?届いてないけど・・・。」「確かに送ってたわよ。」というので調べてみたら、職場のメールアドレスに送ったようだ。小生は腹が減っていたので、ただちにパクつき、長女もパクつく。長男は自分のメールがシュークリームを呼び寄せたのだと思っているようで、一人で2個平らげたのであった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-09-07 22:32


<< 黒門市場 理解不能 >>