2007年 01月 18日 ( 1 )

盗稿テスト

f0126840_203324.jpgアニメgifを投稿してみる。

---帰宅後の更新---

毎朝出社すると、職場の掲示板をエクスプローラーのメインページにすることから仕事が始まる。
今日起動したら、リンクボタンがアニメGIFになっている。あんまり面白いので拝借してみたのだが、結果は無残であった。(バラバラの画像になってしまった。)一枚だけ残して、他は削除した。

先週、東京へ出張した時、「月島もんじゃ焼き」と「人形焼」を買って帰った。毎回このセットである。「人形焼」は断酒会用、「月島もんじゃ」は自宅用の土産である。仕事で出かけているので、職場には不要である。
職場に買って帰ると、「出張は、旅行ではない」と非難されるのがオチである。
自分は「もんじゃ焼き」より、「お好み焼き」のようにガッチリした方が好きである。なのに何故毎回買って帰るのか?
答は、嫁はんと息子が喜ぶからである。

日曜日にうたた寝後、眼が覚めたら夕飯であった。嫁はんに「今日のメニューは?」と聞くと、「もんじゃ」と言う。
「げっ?」というと、「パパには豚の生姜焼き定食!」と言う。(出来た嫁はんである。)
ホットプレート一面にキジを広げて焼いている。正しいのかどうか判らないが、息子は大喜びでハガシを操っている。上手なもんである。
自分の食卓に目を移すと、豚の生姜焼定食が置いてある。「もんじゃ」を横目で見るが手が出ない。豚の生姜焼定食を食す。息子は「もんじゃ」と生姜焼きの両方を食す。
「もんじゃ」を批判する気はない。だから、毎回買って帰る。が、受け付けないので食さない。それだけである。これを「もんじゃみたいなもん、食う奴の気が知れん」と批判し出すと、話がややこしくなる。

我が家では納豆もまたしかりである。自分は納豆を食さない。糸を引くのが好きでない。嫁はんは好物である。こちらは嫁はんの好みを批判しないし、嫁はんも食べろと言わない。

正月のお雑煮も自分は「白味噌」派であるが、嫁はんは「おすまし」派である。さすがに鍋を二つ用意するわけには行かないので、我が家では「白味噌」であるが、嫁はんの実家は「おすまし」しか作らない。

すき焼きを作る時も、嫁はんが作るとワリシタに肉を入れる「関東風」である。自分が作るときは肉を最初に炒める「関西風」である。どちらで作っても、おたがい批判せずに食べる。
昔は食について、「あーだ、こーだ」と嫁はんを批判したが、最近は批判しない。お互いに好みが判っているので無理強いはしない。無関心というのでもない。「そういうやり方もあるんだな」と感心するのである。

息子は、玉子が苦手である。勝手なもんであるが、こちらは無理やり食べさせる。子供には好き嫌いをさせない。
「ラーメンが出来たぞ!」と呼んでも、なかなか来ない時があるが、「早よ来んと、玉子のトッピングが2個に増えるぞ!」と言うと飛んでくる。単純なヤツ・・・。

ということで、「月島もんじゃ」のパッケージを写真に撮ろうと思ったのだが、嫁はんは「食べちゃったからない」という。
「2個買ってきたのに、2個とも食っちまったのか?」と思ったが、食っちまったもんはしょうがないわな、と簡単に割り切れるのであった。
[PR]
by enantio-excess | 2007-01-18 20:33