2007年 03月 10日 ( 1 )

星新一

f0126840_2320871.jpgとあるブログを拝見していたら、星新一の本が目に付いた。

自分も、星新一が好きであったので、本棚の一部を公開。

小学生の頃、兄貴から「盗賊会社」を紹介されたのがキッカケである。
当時は、文庫本も安かった。(「きまぐれロボット」は140円であった。)
漫画誌を買うと親に注意されたが、文庫本は何も言わなかったので、よく読んだ。
(漫画誌を頻繁に読むようになるのは、高校生になってからである。)

自然科学と人文科学について、書こうと思っていたのだが、
考えがまとまらないので諦めた。
もともと文章の才能はないが、今日は特に不調である。
まあこんな日もあるだろう。
[PR]
by enantio-excess | 2007-03-10 23:22