2007年 07月 27日 ( 1 )

応対

f0126840_061432.jpg職場全体の飲み会であった。
普段、居酒屋なんぞに行かないから定かではないが、
店員の応対レベルが落ちてきていると思う。

店そのものは、立派な作りであるが、ぎゅうぎゅう詰めである。
予約をしておいたのだが、別のグループと相席で満員電車のシートに座っているような感じである。

若い小奇麗な店員さんが、応対するのだが、内容が悪い。

自分が若かった頃なら「お姉さ~ん!」などと店員を呼び止めて注文したものである。
(「すんませ~ん」と呼び止めるのは、客の威信に関わると考えていた。)
やがて、店員呼出ボタンがテーブルに登場した。
注文したい時にボタンを押すと、店員さんがやって来るので、呼び止める必要がなくなった。

今日のお店は、居酒屋なのだが、テーブルオーダーの端末で注文する店であった。
机の上に端末が置いてあって、端末から注文する。もちろん呼び止めてもOKである。
端末そのものは触らなかったが、当然、操作し易い画面になっているのだろう。
日頃パソコンを使って仕事をしているから、職場の連中なら誰でも操作できようが、
中でもパソコン通が、端末から注文する。

f0126840_071057.jpg飲み会が始まってしばらくした頃、注文していない揚げ物が来た。店員は、首をかしげながら、料理を下げる。しばらくして、また同じ揚げ物が来る。年齢層から見ても、揚げ物なんぞ、頼むはずもない。確かに注文を受けたと主張する店員。端末から注文すると厨房に注文書が打ち出されるらしく。「今度は、紙と一緒に持って来ます。」憮然としながら料理を下げる。
ラストオーダー間際に、また同じ揚げ物が来た。頼むわけがなかろうに。注文書の紙を持って来るのだが、見てもどんなシステムになっているのやら、さっぱり判らない。料理を受け取る理由もないから、受け取らない。
最後は、デザートであるが、運んで来た姉ちゃんが、
「デザートを頼まれた方は?」などと聞く。
注文した人を確認して、料理を運ぶことしか出来ないらしい。
確認するまでもなく、全員であるから、片っ端から置いていけば良いのである。

旅先で店員の応対が悪いと「大阪やったら、こんな店、3日ともたんわい!」などと、捨てゼリフを残すのであるが、大阪駅のすぐ近くにある居酒屋である。捨てゼリフも残さず店を後にしたが、誰も二度と行くまい・・・。

帰途、電車の中で考えてみたのだが、テーブルオーダーの端末とテーブルの番号が間違っていたのが、原因ではないかと考えた。注文していない料理が何度も来たのも、つじつまが合う。ならば別のテーブルでは、揚げ物を何度も注文し続け、結局あり付けなかった人もいるはずである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-27 23:59