2007年 08月 13日 ( 1 )

里帰り

f0126840_23274729.jpg嫁はんが、子供を連れて実家へ帰ってしまった。
盆の里帰りとはいえ、寂しいもんである。

長男が階段を駆け降りる物音もしない。
勉強しない長男を、叱りつける嫁はんの声もしない。
眠たくなると不機嫌にる、長女の泣き声もしない。
静かなもんである・・・。

盆、正月に嫁はんが里帰りするのは、結構なことだと思う。
が、自分にとって不便なことも事実である。
(明日も仕事である。)


f0126840_2329545.jpg2~3年前、嫁はんが長男だけ、嫁はんの実家に置いてきぼりにして帰って来ると言った。
それも一週間というから、反対した。(山ごもりでもあるまいに・・・。)
が、数日すると嫁はんだけ帰って来た。長男が、「大丈夫」というので、一人残して帰って来たという。

ご両親は面倒見が良いのだが、実家の周りには友達もいない。こちらのように、パソコンやゲームもない。就学前ならいざしらず、小学校中学年になって、大丈夫な訳がなかろう。
案の定、その日の晩に「(こちらへ)帰りたい」と電話を掛けてきた。

数本電車を乗り継ぐ必要があるから、途中までお袋さんに送ってもらい、嫁はんが迎えに行った。

今年は、そんな事態にはならないだろうが、
アル中の旦那を放ったらかしに出来る、嫁はんは何を考えているのだろう。
「飲む飲まないは、本人の勝手」と思っているのか、「もう飲まないだろう」と信じているのか、
おそらくは、前者であろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-08-13 23:35