2007年 08月 28日 ( 1 )

陳謝

f0126840_0374255.jpg仕事の予定が狂ったので、午後十時過ぎ帰宅。
朝、職場にて書類が廻って来た。
この手の書類の、納期は普通一週間なのだが、確認してみると納期が今日である。
前担当が、数日停めていたようだ。午前一杯、今日中に仕上げるべく、段取りを整える。
どうも、抜けがあるようである。
昼休みも、抜けをどうやって埋めるか、考える。
抜けを埋める目処は立ったが、今日中に仕上げるのは無理である。

f0126840_0385134.jpg納期に間に合わない旨、まず連絡する。
謝る必要はないし、
謝ったからといって、納期に間に合わないことには変わりない。
先方にしてみれば、いつ仕上がるかの方が大事である。
だから、謝らない。

f0126840_0394563.jpg考えてみれば、謝るということは、不思議な関係を生むものである。確かに「詫びの言葉も無いんかい!」などと、すごんでしまう時もあるが、そういう時の感情は、先方が詫びればこちらの気は治まることが多い。
一方、詫びると、「謝って済むと思ってんかい?」などと付け込まれることもある。

(悪いことをしました。ごめんないさい。)
そんな気持ちもないのに、どうしても謝ることは出来ないのである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-08-28 23:59