2007年 09月 29日 ( 1 )

外見

f0126840_22491665.jpg先日、マイ例会のメンバーから、小生はアル中に見えないと言われた。普通の人なら、アル中に見えないと言われても、何を今さら判りきったことを言うのだろうっ、てなもんでアル中に見えると言われれば、むしろ心外であろう。しかしながら、アル中の集団にいながら、アル中に見えないと言われると、疎外感のようなものを感じてしまう。

数日後、職場へ向かうためホームへの階段を降りながら、普通の人から見たら、アル中には見えないのだろうな、などと考える。(とはいえ、宣言しながら歩く必要もあるまい・・・。)
外見がアル中に見えないのなら、アル中ではないのではなかろうか、などと考えてみたが、少し、無理がありそうである。やはり自分はアル中である。

f0126840_22512277.jpgもう治ったのだ、とも考えてみる。内科的にみれば、どこも異常はないのである。(今なら、うまく飲めるかも・・・?)

酒量がコントロール出来得るか、と考えてみる。アルコール代謝酵素の活性も落ちているだろうから、もう以前の量は飲めまい。平日ちびちびと晩酌をしている姿を想像してみる。

(平日は、何とかなりそうだな・・・。)

しかしながら、普段、ちびちび飲むのなら、休みの前日ぐらい、パアーッと飲んでみたい。

で、休日は、やはり真昼間に飲みたいもんである。

(休日を迎えた時点で、一貫の終わりか・・・。)

やはり自分はアル中なのだと言い聞かせながら、無言で職場へ向かったのであった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-09-29 22:24