2007年 10月 02日 ( 1 )

Atheltic meeting

f0126840_23543930.jpg好天の運動会日和であった。
長男の通う小学校は、自分の母校でもある。同級生の3人にも会った。どいつもこいつも、もうすっかりオヤジである。もっと少ないと思っていたのだが、けっこう、お父さん連中の姿も見える。スーツ姿のお父さんを見た。午後から仕事に行くのだろう。

今日も、嫁はんの両親が、遠路はるばるやって来た。
親父さんも、有休を取ったというが、今年最初の有休だという。
(こちらは3回目。上には上がいるもんである・・・。)
f0126840_23564289.jpgマイ例会のメンバー二組ともお会いした。お孫さんの応援に来ているのである。運動会の会場でお会いするのは嬉しいもんである。というのは、昼休みにビールを飲んでる連中もいるからである。幼稚園の運動会の時には、嫁はん公認でビールを飲んだものである。当然それだけでは足りないから、競技の合間に自販機まで行って缶チュウハイを空けたものである。何往復したのだろう。けっこう忙しかった。

幼稚園の卒園式で、長男は太鼓を叩いたのだが、小生は入院中であった。あれから6年、運動会の応援団として太鼓を叩くのである。止め始めの運動会は少し苦痛であったが、その時もマイ例会のメンバーにお会いして、心強く思ったものである。

f0126840_081973.jpg休憩時間に音楽室を覗いてみた。自分が通っていた頃には、所々音の出ない、足踏みオルガンがずらっと並んでいたのだが、譜面台のついた机に変わっている。机上には鍵盤の絵が描いてある。
(何だかなあ・・・。)
入り口にはベートーベンやらモーツアルトの肖像画が掛けてあったはずだが、見当たらない。流行らないのだろうか。

f0126840_073428.jpg当時用務員をしていた「M井のオッサン」を見かけた。案内係をしているようである。あれから三十年経つが、昔からオッサンであったから、外見はあまり変わらない。少し目が悪くなったようである。
M井のオッサンをよくからかったものだ。「うわ、M井のオッサンや!」と言って逃げるのである。軽く追いかけて来てくれたようにも思う。捕まってもどうと言うことはないのだが、一生懸命逃げたものである。
担任に注意された。「M井のオッサンと言ってはいけません。M井のおっちゃんと言いなさい。」
おじさんなどという言葉は似合わない土地柄なのである。

f0126840_02325.jpg長男も今年は組立体操である。体が小さい方だから、上に登る役が多い。昔と違って、音楽に合わせて走り回り隊列を変えるもんだから、けっこう見失ったりもする。連写モードで写真を取りまくった。最後に大きなピラミッドを作った。長男はどこにいるのか見当たらなかったが、一員として参加していることは間違いない。そんなことを考えながら見ていてら、涙が出そうになった。
(組立体操を見ていて泣く奴はいないだろう・・・。)
などと思っていたら、涙ぐんでいるお母さんがいた。別の場所でビデオを撮っていた嫁はんも涙が出そうになったという。

さて、明日は仕事である。うっかりクールビズで行くことのないようにしなければならぬ・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-10-02 23:50