2008年 01月 12日 ( 1 )

順序

f0126840_23341570.jpg昼食後、家族でヨシモトを見ていた時のこと。
がしゃんと、ものすごい音がした。
嫁はんの持っていた湯呑みが、手から滑り落ちたらしい。

嫁はんの第一声は「ごめん」であった。
次に「手から滑り落ちた」と説明する。

大音響の割には、角度が良かったのか、湯呑みは割れていない。
びっくりさせられたのは事実だが、破片が飛び散ったわけでもない。

嫁はんの言葉の順序が逆なら、噛み付いていたかも知れない。
甚だ驚かされたのにも関わらず、文句を言う気分ではない。
言葉の順序ひとつで、こうも心象が変わるものかと、感心させられた。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-12 23:51