2008年 01月 29日 ( 1 )

威厳

f0126840_2343348.jpgとある私鉄の駅にて、ホームから川が見えた。
電車が来るまで、まだしばらく時間があった。無造作に写真を撮り、また電車を待つ。その一部始終を見ていたおじさんが、小生が写真を撮った方向を眺めている。地元の方にとっては何の変哲もない風景だろう。何か珍しいものでもあるのかと思われたのだろうが、特に何もない。鳩が寒そうにしていただけである・・・。
f0126840_2354185.jpg
昨日の研修会にて、25~6歳の女性と話をした。指が細く、可愛らしい手である。7号位かな?などと考えるが、「何号?」などと訊くことも出来なかったので、正確な数値は不明である。

今朝、さりげなく嫁はんの手を見る。昨日の女性に比べるとずいぶんとしっかりした手である。指を見ると先が少しひび割れしているようだ。毎日、家事に励んでくれている手である。

あらあら、家事も出来ない小娘の手にうつつを抜かしてて、いいのかしら?

嫁はんの手から、威厳が漂って来たように思った。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-29 23:07