2008年 10月 26日 ( 1 )

缶代

f0126840_2352236.jpg休日の夕方、電車に乗りドアの近くに立つ。発車間際にポリ袋を提げたおっさんが乗り込んできた。おっさんがポリ袋を床に置くと、ガラガラと音がする。ホームのゴミ箱からアルミ缶を集めていたのだろう。

アルコール飲料はアルミ缶がほとんどである。アルミ缶目当てに、アルコール飲料の缶ばかり集めたのだろう。グラスに空けて飲んだわけではないから、缶の中身が残っているらしく、ポリ袋からアルコール臭が漂ってくる。ポリ袋の中の缶は、電車の揺れに伴って荷崩れを起こし、底面積が広がっていく。それを正すべくおっさんが袋を持ち上げる。その度に袋の中からアルコール臭が漂う。アルミ缶はコストが高いのだろう。

缶代だけでもずいぶんつぎ込んだような気がする。
[PR]
by enantio-excess | 2008-10-26 23:52