2008年 11月 04日 ( 1 )

青影

f0126840_23343531.jpg長女は、よく鼻に指を突っ込む。鼻の穴が大きくなるからと、止めさせようとするのだが止めようとしない。右手を掴むと、今度は左手の指を鼻に突っ込み、左手を掴むと、再び右手の指を鼻に突っ込む。

「注意をすると、余計にやるよ。」と言う長男。確かにその通りだろうが、変な癖がついてしまいそうで、気が気でない・・・。

晩飯後くつろいでいると、長女がおやすみを言いに来た。少し離れたところで、勝ち誇ったように鼻に指を突っ込む。まるで青影のようであるが、鼻に突っ込んでいる分、青影よりも性質が悪い・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-11-04 23:34