2008年 12月 30日 ( 1 )

修理

f0126840_06976.jpgディスクを認識しなくなったDVDレコーダー。ネットによればDVDドライブを交換すれば良いとのことで、以前PCに付けていたドライブに交換してみることにした。購入時に5年保障に加入したかも知れないと、少し躊躇したが、伝票が見当たらないので、即決断。機械好きの長女が風呂に入っている隙を見計らって、本体のカバーを外し、ドライブの交換を試みる・・・。

ケーブルを切らないように注意しつつドライブを外すが、手が震えないので作業は簡単。随分シンプルな構造である。プラモデルを組み立てるようにドライブを入れ替えて本体カバーを取り付ける。最後のビス止めをしているところに長女が風呂から出てきた。計画通りである・・・。

電源を入れてみると、見事に復活。交換自体もそれ程手間ではないのだが、一般ユーザーにはとっつきにくい部分。ドライブだけなら一万円弱なのだが、多くの同型機はすでに廃棄処分にされているのだろうと考えると、メーカーの姿勢に疑問を覚える。修理に出せば技術料の名目でさらに数千円ふんだくられるのであろう・・・。
f0126840_0201828.jpg
技術料で思い出したが、学生の頃に自動車のワイパーを根元から折られたことがあった。ディーラーに部品をお願いしてから数日後に受け取りに行くと、目の前で新品を取り付けてくれた。親切な店員だと思っていたら、伝票の技術料のところにチェックを入れ2千円と金額を記入する。「ネジ外して取り付けただけで技術料?」と突っ込むと、「微妙な調整が・・・」などとのたまう。「ネジ外して取り付けただけで技術料は払えません!」と言うと半額に負けててくれた。プロならプロらしい作業にのみ、技術料は請求すべきであろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-12-30 23:39