<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

休日の過ごし方

f0126840_01040.jpg
ある方のブログにて、野鳥の写真が美しいので、自分も挑戦してみた。

当たり前であるが、鳥は飛ぶもんである。
シャッターを押すよりも早く、飛んで行ってしまった・・・。
一羽が飛び立つと、他の鳥もつられて飛んでいくようだ。
自転車で堤防沿いを追っかけた。

野鳥の写真を撮るには、相当修行が必要なようである・・・。



f0126840_0122097.jpg「こんなの撮れるかぁ~!無理」
とあきらめて帰ろうとしたら、川の真ん中にじっとしている野鳥を見つけた。
(調べたところ、アオサギというらしい。)
堤防に自転車を止め、近くまで寄ってみたが、逃げる気配はない。
(初心者だからサービスしてくれたのだろう。)

飲まない休日の、新しい過ごし方を見つけた。

帰りがけに、橋の上から見たら、まだじっとしていたが、悪ガキどもに追い払われてしまった。
(ったく、悪ガキどもと来たら・・・)と思ったが、自分が子供だったら、多分同じことをしていただろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-21 23:53

不安な風

f0126840_2355470.jpg昼飯を食ったあと、デジカメ(中望遠ズーム、ファインダー付)を持って出かけた。
(結局、一眼レフには手が出せなかった・・・。)
嫁はんと娘を置いて、自転車で出掛けるのは気が引けたので、
「ホームセンターへ行ってくる。」と言い訳をした。

風が強かった。耳の横を風が通り過ぎる。何かすごく不安になった。
(何故こんなに不安になるのだろう。自動車の音が聞こえにくくなるからだろうか。)

川に出て、堤防沿いを上流へ走る。釣りをしている人もいた。何が釣れるんだろう。河川敷ではバーベキューをしている人達や、ラジコンを飛ばしている人がいた。今度は家族で来よう。
いい調子で県境まで来て、折り返すことにした。
途端に向かい風が吹いてきて、ペダルが重くなる。

これか!不安に感じたのは・・・。

普段、あまり自転車に乗らないから、向かい風の恐ろしさを忘れていた。
ずごくペダルが重い。かなりの距離があるが、自力で帰らねばならない。
「トロッコ」の少年の心境であった。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-20 23:54

風呂のなかで考える

f0126840_2236821.jpg(タイトルはパクリである。)
昨晩は、雷雨であったように思う。
朝、竹の葉の雫が光っていた。

昨晩、湯船につかりながら、飲んでいた頃のことを考えてみた。
浴室の光景は変わりがないから、
きっとこんな風に壁や天井を見上げていたはずだ。
当時はシラフで湯船に浸かることは稀であり、いつも酔っ払っていたから、光景は覚えていないのだが、二日酔いに似た偏頭痛に悩まされていたことを思い出す。

今も、浴室の光景は変わらないはずだが、風呂に入る自分の意識ははっきりとしている。何だか、不思議な感じがした。

今日も風呂に入って同じ様なことを考えた。昨日も同じ様なことを考えたっけ。
毎日風呂に入ってれば、同じようなことも考えるだろう。

ん、毎日?

毎日飲んでいたが、毎日風呂に入るようになったのは、ここ数年である。


<業務連絡①>(「さぶいぼ」の解説ページ)Moreをクリックすると全文が表示されます。
<業務連絡②>(「地球照」の解説ページ)Moreをクリックすると全文が表示されます。

More
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-19 22:44

ため息をつく女

f0126840_23534210.jpg職場のアイ子は、よくため息をつく。
ごくたまに、ため息をつくのなら、「どないしてん?」とか
「ため息ついてると幸せが逃げんでぇ~」とお約束も言えようが
ため息も、度が過ぎると不快である。サブイボ(鳥肌)が出る。

今日の午前中は、やけに静かであった。はは~ん、と思って見ると、やはり居眠りをしている。
居眠りをしてくれると静かで良いのだが、起きた時がうるさい。
「エネルギー充填120%!」って感じで関係部署に電話をする。(もちろんタメ口である。)
「私は、むちゃくちゃ忙しいのだけれど、何とかやってみます。」調で、相手にアピールしている。居眠りとのギャップが不快である。サブイボが出る。

昼休みは忙しそうにしている。画面上にアバターが見える。ブラインドタッチで何やら入力している。どうやら掲示板かブログに投稿しているようだ。凄い早さである。リターンキーを押したのか、キーの音がおさまる。

昼からも、静かであった。やはり居眠りをしている。書類を読んでいる風を装っているようだ。時々、ページを繰る。心眼で読んでいるのだろうか。
眠るのにも疲れたのか、伸びを始める。それ程疲れるようなことはしていないのに、「あ~、疲れた」って感じで長時間伸びをする。これも不快である。サブイボが出る。
夕方になると、そそくさと帰って行った。何をしに職場に来ているのか判らない。

きっと、家に帰ったら「あ~、疲れた」と今度は家人にアピールするのだろう。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-18 23:57

明日から・・・

f0126840_23262781.jpg夕方になると、職場の女の子が、お菓子を食べる。
食べる前に、自分に言い聞かせるように呟く。
「明日から、止めよう。」

少しポッチャリした子である。
こちらが見ても、ポッチャリしていると思うくらいだから、
本人はもっと気にしているようだ。
今の職場に来て3年経つが、毎日、夕方になるとお菓子を食べている。

今日も先輩がお菓子を食ってたら、
「明日から・・・」と頂戴しにやって来た。
「いつになったら明日になんねん。」突っ込む先輩。
うまい、その通りである。止めれないんだろうな。

こちらに出来るのは、その子の目の前で、お菓子を食べないことぐらいである。

(今日一日の積み重ねで、アル中でも酒が止めれるんだから、今日から止めたら?)
教えてあげたい気もするが、引かれても困るから、
自分が禁煙に成功したら、教えてあげよう。
(まあ、そのうちに・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-17 23:45

走行距離

f0126840_23453829.jpgクルマは12年目である。(多分・・・。)
飲むのに忙しかったので、あまりクルマで出掛けたことがない。
お酒断ちから数年経つが、それ程走行距離が伸びない。
12年目で走行距離は14083kmである。

学生時代は、年間1万kmペースであった。
(片道10km弱を毎日クルマで通学してからかな・・・。)
1日20km×25日で500km。500km×12で、年間6000km。
正確には片道8km程だから、年間5000km程にしかならない。

あとの半分は、県境に住んでいた彼女を家までクルマで送っていたからだと、先程、気が付いた。当時はガソリン代が結構痛いので、少しでも燃費を上げようと、努力したものである。

止まった物体が動き出す時には、大きなエネルギーが必要である。信号で止まってしまうと、燃費に悪い。赤信号に捕まりそうになったら、ずいぶん手前から減速して決して止まらない。のろのろと惰性で動きながら青信号を待つ。下り坂では、ニュートラルにした。上り坂に変わるギリギリまでニュートラルで走り、ギアを入れてアクセルを踏む。そんな努力をしてもせいぜい一割燃費が向上すれば良い方であった。

自宅で電話をすると、親がうるさいから、公衆電話まで電話をかけに行った。
ご近所さんの目があるから、わざわざクルマで1km程離れた所まで・・・。
今の嫁はんではない。

数々の努力はムダになったが、その頃の思い出は残っている。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-16 23:44

AE-1+P

f0126840_23493634.jpg高校生の頃、写真に興味を持ち、小遣いを貯めて一眼レフを買った。
数百万台売れた「AE-1」にプログラム機能がついた「AE-1+P」。
標準レンズ一本しか持っていないが、姪や息子の写真を撮った。
ズームなど付いていないから、
撮影のたびに、自分で前後に移動したものである。

オーフォーカスもなく、ピントは良くボケた。
自分の目ではアテにならないので、目盛りで距離を合わせた。
酔って落としたので、本体にヒビが入ってしまったが、撮影には問題ない。

フィルムカメラは現像するまで、綺麗に撮れたのかどうか判らない。
現像に出して、数日間ワクワクし、出来上がりを見て何度も失望した。
3時間DPEが登場した時は、歓喜したものである。

今では、シャッターを押したら、ある程度の出来栄えはその場で判ってしまう。
便利といえば便利であるが、出来上がるまでのワクワク感は、一瞬である。
カメラの液晶画面で綺麗に撮れたか思っていたら、PC画面で見たらボケていたり、失望することは相変わらずである。

息子はデジカメ世代である。平気で何回もシャッターを押す。気に入らなければその場で削除する。
こちらも頭では判っているのだが、フィルムをケチる癖は、なかなか抜けないものである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-15 23:53

写真機

f0126840_2350126.jpg連休初日のこと、写真の被写界深度を調整したいと思った。
色々と試してみたが、7年前のデジカメでは無理なようである。
買ってしまってから、あれこれ言われると困るから、嫁はんに相談する。
「別に良いんじゃない?パパは、あまり大きな買物しないし・・・。」

OKを貰ったので、あれこれ調べてみたが、どれを買おうか迷ってしまう。
カタログを見比べていると、どれも何かしら気に入らないところがある。
「オ○ンパス」に惹かれたものの価格が高い。よく売れているらしく、在庫切れである。

買ってから後悔しないように、スペック一覧表を作った。
メーカーで選ぶなら「キ○ノン」。レンズの信頼性からいくと「ニコ○」。
「オ○ンパス」の機能も捨てがたいが、記録メディアが今ひとつ。
「フ○フィルム」も同様。性能からいけば「ソ○ー」であるが、タイマー付きは論外。
(PSもきっかりタイマー通り壊れたし・・・。)

f0126840_2350425.jpg購入を考えてから一週間以上経った頃、とある店で「パナ○ニック」の一年落ちが思いのほか安く売っていた。最新型2台分で3台買える値段である。(3台も買わないが・・・。)
調べてみると妥協できそうなスペックであったので買うことに決めた。

昨日、写真を撮ろうと箱庭を物色していたら、椿に毛虫が付いていた。
マクロを試してみようと思ったが、こいつの毛には毒がある。
悪い虫には、近寄らないのが一番である。
葉の裏にビッシリ付いている。殺虫剤でやっつける事にした。
「キ○チョール」を吹き付けたら、糸を引きながら地面に落ちて行った。

ほんの少しだけ、心が痛んだ。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-14 23:56

顔色

f0126840_2183713.jpg今日、散髪屋へ行ったら、おばちゃんに
「あんた顔色、良うなったなぁ~」と言われた。
(どんな顔色だったんだろう・・・。)
答えずにいると、
「昔は、どす黒かったもんな。」
(そうだったのね・・・。)
「これで、煙草も止めたら、もっと顔色、良うなんで。」
(しばらくは、このままで良いです・・・。)


この間、珍しく嫁はんとスーパーへ買物に行った。
自分はカートが好きではないので、カゴを持つ。
嫁はんが品物をカゴに入れる。
他の夫婦連れを見てみると、旦那さんがカゴを持って、奥さんがカゴに放り込む。(うむうむ。)
こちらを見ると、若い夫婦であるが、旦那はポケットに手を突っ込んでおり、奥さんがカゴを持っている。(旦那は何のためにいるのだろう。)

レジにて、ぽんっと大枚を差し出したら、「いいの?」と訊く嫁はん。
軽く頷く。(いいの、いいの、たまにだから)
「誕生日だもんね。」(誰の?????)

その日は、嫁はんの誕生日であった。すっかり忘れていた。
狼狽していたら、釣銭はすべて嫁はんの財布に吸い込まれた。

近くの店で、ケーキを買って帰りました。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-13 21:14

とるのは写真

f0126840_003333.jpgご近所さんは、ガーデニングが好きな方が多い。
毎日、手入れをしておられるから、きれいな花が咲く。

ところが、根こそぎ花をもっていかれるという事件が発生したらしい。
防犯用のカメラに隣人の姿が映っていたらしく、注意されたとのこと。
当のご本人は、何故注意されているのかも判らない様子で、少しボケておられるらしい。
住宅街の中を散歩して、きれいな花があれば、摘んで行ってしまうらしい。
野山を歩いている感覚なのかも知れない。

別のご近所さんの家の前にて。
「ここの花きれいなぁ」「ほんまやなぁ」
知らないオバちゃん同士の会話である。

「また、夜に来よな。」
(おーい。夜に来てどうすんねん・・・。)

写真は道路を挟んだ隣家の金柑。とるのは写真だけにしましょう。
[PR]
by enantio-excess | 2007-05-12 23:55