「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ばんッばんッ

f0126840_2241011.jpgパソコンを触っていると、長女がハイハイしてくる。
画面を見たいのだろうが、届かないので両手でこちらの足を引っ張る。
「うーん、うーん」と唸っている・・・。
抱え上げて膝の上に乗せるまでは良いのだが、キーボードを触りだす。
キーを複数同時に押すと、エラー音が鳴るのがおもしろいようである。
が、しばらくするとそれにも飽きるようで、
小さな手の平で、「ばんッばんッ」キーボードを叩き出す。
おろすと、また足を引っ張るので、
膝の上に抱え上げると、「ばんッばんッ」。


試してみた・・・。

f0126840_22414691.jpg古いパソコンのキーボードを、長女に与えてみた。
これなら「ばんッばんッ」やられても一向に構わない。

少し興味を示したが、
「ばんッばんッ」と叩いて、ノソノソと遠ざかって行った。
エラー音が鳴らないのでおもしろくないようだ。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-30 22:44

手回り品

f0126840_23423613.jpg職場からの帰路、地下鉄に乗った。
車内で「きゃん」という鳴き声が聞こえる。
空耳かと思ったが、再び「きゃん」。
どうやら、犬を乗せているらしい。
狭いところに閉じ込められているのが不満らしく、
「きゃん、きゃん、くーん」
どんどん騒がしくなってくる。

検索してみたら、
「・・・(大きさ)以内の容器に入れること」
「他のお客さまに危害および迷惑をかけるおそれがないこと」
を条件に「手回り品」として車内に持ち込めるそうだ。
鉄道によって有料(270円)と無料の場合があるようだ。


f0126840_23435111.jpg去年の暮れ頃、
駅のエレベータから自転車を押して出てくる兄ちゃんを見た。
線路を越えるために、駅のエレベーターを利用しているのだと思ったら、
券売機の方へ近付いていく。(切符を買うようである。)
自転車を押しながら自動改札機を通る。(良いのかな・・・?)
そのまま、ホームへ降りる。
さらに、ホームの後ろの方へ自転車を押しながら歩いていった・・・。
折り畳み自転車だから、畳めば「手回り品」であろうが、
駅員か乗務員に咎めれれるまで、知らん振りを決め込んでいる様子。

駅のホームで自転車を押す兄ちゃん。珍しい光景であった。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-29 23:45

慢心?

f0126840_22453467.jpg仲間の顔を見るのは楽しみである。
しかし、朋友の会場へ行くからには、
少しは、まともな話をせねばなるまい。
そう考えると、気が重くなる。

「まともな話?」
ほ~う、最初は、シドロモドロやったくせに。自分も偉くなったもんやね。
それって、慢心じゃないの?初心、忘れてるんじゃない?


f0126840_22435218.jpg入院中、例会から帰ってきて眠れずに、
タバコを吸いながら仲間と話をした。

「どんなことを、喋って良いのやら、良うわかりまへんわ・・・。」
「『名前』と『一日断酒、例会出席で頑張ります』だけ言うたら良えねん。」

会に繋がった頃は、加えて「去年の今頃、何をしていたか」を話した。
(同時多発テロのニュースを、朝までビールを飲みながら見ていたとか)


f0126840_22443719.jpg朋友の会場にて「あのヒヨっ子、まだ続いてんのか。」
などと、思っていただけたら、幸甚なように思う。
(継続という点では、ブログも同じかも・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-28 22:51

生涯断酒

f0126840_23324323.jpg
仲間が逝かれたと、マイ例会にて聞いた。

先月、会のお仕事で御一緒させていただいた時は、
お元気そうであったのだが・・・。

体調を崩しておられるとは聞いていたが、
また、すぐに復帰されるだろうと思っていた。

生涯断酒を全うされたことに、敬意を表す。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-27 23:27

後遺症(?)

f0126840_0173486.jpg昼飯を済ませてから、昔の職場へ出張した。
駅から、職場まで歩く。近頃、暑くなってきたようである。

ビールがおいしくなって来る時期なのだろうが、
きっと、おいしいのは一杯目だけ。
飲めば余計に暑くなるし、酔い覚めのムカツキをまだを覚えている。
夏場は乗り切りやすい。(逆に、寒い時期は少し危険である・・・。)

machiさんとこの例会に御邪魔した。


f0126840_0192234.jpg例会終了後、駅まで車で送って下さるとの申し出を、条件反射のように断った。
何故、断ったんだろう、と歩きながら考えてみた。
何か歩かなければならない理由があったはずである。
思い出して、苦笑した。

(歩く理由)=(車だと酒が買えないから)

タクシーで帰った時も、自宅のかなり手前で停めてもらい、コンビニで買い込んだ。
嫁はんの家族と行楽に出かけ、実家に泊めてもらう時には、
「タバコを買いたいんで・・・」と手前で降ろしてもらった。
けったいな後遺症(?)である。


f0126840_0211788.jpg帰りに本屋に寄って、共通一次「国語」の過去問を探してみた。
18年分の過去問があったが、残念ながら自分の受験した年度のは、見当たらなかった。
探してみるには、少し年月が経ち過ぎたようである。
心理療法のコーナーを物色していたら、閉店時間になった。

写真は先週の土曜日、撮影したもの。
光学ズーム(中段)以外に、デジタルズーム(下段)でも撮ってみた。
ファインダー越しにはきれいに撮れたように思えたのだが、画像が汚いのでがっかりである。
デジタルズームは、あまり使い物にならない、と考えておくのが良いようだ。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-26 23:59

パイプの穴

f0126840_081097.jpg昨日のアル中さんの痕跡を見て、考えた。
自分の場合、飲んだ後の缶の始末が面倒くさいから、
ゴミ箱のない所では、あまり缶入りは飲まなかった。
飲んだ後に嵩張らない、1合入りの酒パックをよく飲んだ。


f0126840_073083.jpg嫁はんの実家は丘の上にある。
仕事場から嫁はんの実家へ伺う時は、ふもとで酒パックを買い込んで、
坂道を上りながら、く~ッと空けた。
飲み殻は小さく折り畳むのだが、道中にはゴミ箱がない。


f0126840_06949.jpg途中、高速道路の高架をくぐる。
雨水の排水用に1メートル間隔でパイプが出ている。
このパイプの穴に、小さく折り畳んだ飲み殻を押し込んだ。
(写真とは、パイプしか繋がりがありません・・・。)

電車の中で飲んだ時には、シートの奥へも押し込んだ。

アル中さんに、モラルなんて、あったもんじゃない。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-25 23:59

参観日

f0126840_2053044.jpg日曜参観日であった。
椅子に凭れ掛かり、前脚を浮かせている我が息子。
教室中、見渡しても他にそんな格好をしている児童はいない。

休み時間に、息子が来た。「ゲームして良い?」
数日前から、禁止しているゲームを解禁して欲しいらしい。
「行儀が悪い!」シバきたいのを、グッと堪える。

自分の母校でもある。校舎の裏へ廻ってみた。
悪ガキ連中と火遊びをしていて火ダルマになった場所である。

(火遊びの概要)
アルコールを理科室から持ち出した奴がいて、放課後、体育館横の草むらで火をつけた。担任には勿論内緒である。
炎が瓶に移ったので怖くなって放り投げたら、瓶を蹴飛ばした奴がいて、こちらに戻ってきた。
アルコールがズボンにかかり、火が燃え移った。
スタントマンのように転げ回ったが火は全く消えない。(このまま死ぬかと思った。)
悪ガキ1号(彼も燃えていた)がメダカの池に飛込むのが見えたので、自分も飛込んだ。
自分は眉毛が少し焦げた程度で済んだが、悪ガキ1号は火傷を負い、しばらく包帯を巻いていた。


池は跡形もなく埋め立てられ、飼育小屋が建っていたが、長年使われていないらしく、生き物の気配すらしない。

近くの公園に行ってみた。雨が降っているので、誰もいない。

f0126840_2055198.jpg植え込みのところに空き缶を見つけた。知らない名前。
どんな味がするのか判らない。


f0126840_20575087.jpgベンチの横にも空き缶を見つけた。
こちらは飲んだことがあるが、「味」よりも醒めた時の「胸のムカつき」の方が記憶に残っている。

公園から例会場までは、ほんの数分。近くにアル中さんが生息しているのだろう。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-24 21:08

怪しいオッサン

f0126840_23394031.jpgカメラを持って出かける事にした。
乾いた洗濯物の山の名から、ジーンズを引っ張り出して履く。
嫁はんに着替えを出してもらって服を着替える。
帽子被ったほうが良いんじゃない?
嫁はんが手渡してくれた帽子を被って嫁はんの方を向く。

う~ん、怪しいオッサンみたい。シャツが良くないんだ。

嫁はんが手渡してくれたシャツに着替え、帽子を被って嫁はんの方を向く。
どう?
何も言わずに、笑いを堪えている嫁はん。
お前が選んだんじゃん・・・。
ひーひー」声を上げて笑いだした。
笑いのツボにハマったのか、すごく、楽しそうである・・・・・・。

帽子が合わないということにして、帽子は被らないことにした。


f0126840_23403543.jpg帰宅後、嫁はんに気に入ったのを選んで貰ったのが一枚目。

嫁はんと娘を放ったらかしにして、
独り写真を撮りに行く自分を咎める風もない。

雨戸を閉めた暗い部屋で一日中寝転がっているよりは、
素面で出かけたきり帰って来ない方が、まだマシなようである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-23 23:48

構内再加速

f0126840_23422968.jpg今日は、外部の講習会であった。
夕方、職場へ顔を出したら、切り上げるタイミングを逸した。
(直帰すればよかったか・・・。)

午後6時過ぎに職場を出て、とりあえず自宅方向へと向かう。
「ここで乗り換えれば、あそこの会場へ行ける」と漫然と考える。
自宅に近付くにつれ、例会場の選択肢が少なくなってくる。

(ターミナル駅で急行に間に合ったら、朋友の会場へ行こう。)

などと考えていたら、地下鉄がターミナル駅の直前でスピードを落とした。
停止信号か?と思っていたら、ホームに差し掛かった。
運転士が、ブレーキのタイミングを過ったようである。
今にも止まりそうなスピードである。停止位置までは、まだかなりあるだろうに・・・。

と思っていたら、急にスピードが上がった。構内再加速!「電車でGO」なら減点ものだ。

ターミナル駅で走ったが、急行に乗り遅れた。とりあえず、最寄り駅に止まる電車に乗って、車内で考える・・・。

飲みたいという欲求はないし、見るからにアル中さんが、飲んでいるのをみても、飲みたいとは思わない。
しかし、ホームで普通のサラリーマンが缶ビールを飲んでいるのを見ると、自分にもうまく飲めそうな気がしてくるから、困ったもんである。このままでは、危険である。


f0126840_23443889.jpg結局、最寄り駅で降りずに、そのまま例会場へ向かった。

こちらの例会場には、入院中にマイ例会に出席していたメンバーがいる。
3月頃に退院されたのだが、すっかり回復しておられた。
顔色は、すっかりよくなっているし、チョイ悪の服装が似合う方で、
普通の服装をしておられるから、とてもアル中には見えない。

入院していた頃の顔を覚えているから、元気そうな顔を見るだけで、パワーを貰ったような気がした。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-22 23:52

現代国語

f0126840_0182672.jpg高校2年の時、「こころ」の感想文を書かされた。
作文はともかく、感想文は嫌いである。
(何で感想を文章にせねばならぬのか、さっぱり判らない。)

ともかく、書かねばならなかったから、とりあえず一通り読んだが、
きわめて健全な高校生活を送っていたから、「自殺」に引っ掛かった。
感想文は、「自殺は良くない」の小論文になった。
原稿用紙にビッシリ書いて提出した。
定期考査の点数も良かったので楽しみにしていたら、
何故か、通知表の評価は赤点スレスレの(10段階の)5であった。

女教員にすれば、読解力がないと言いたかったのだろうが、「感想文」である。
どんな「感想」を書いても良いのではないか。
ビッシリ書いた感想文は、結局、戻って来なかった。


f0126840_0193959.jpgさらに「現代国語」に、疑問を持つようになったのは、共通一次試験。
問題文は、主人公と棗(なつめ)とかいう女の子とのバス停でのシーン。
設問は、「主人公の気持ちを答えよ。」
4択で、二つは消去法で削除したが、残りのどちらにするか迷った。
他にも幾つか判断に迷う設問があった。
ままよと決めて、マークしたが、自己採点してみたら、ことごとごとく不正解の方をマークしていた。

主人公の気持ち?

本当の気持ちなんか、文章読んだだけで判るわけがないと思う。
[PR]
by enantio-excess | 2007-06-21 23:59