<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

寂しい眉毛

f0126840_23303985.jpg日曜日は、良い天気であった。
プールで泳いだのだが、調子に乗って焼きすぎたようである。
肩の辺りがヒリヒリと痛いし、背中が痒い。
風呂上りに鏡をみたら、鼻の頭から皮が剥け始めている。

長男も、一日中泳ぎまくっていたのだが、何ともないようである。
小麦色のハリのある肌が、少し羨ましい・・・。

二日目の朝、長男が洗面台の処でゴソゴソしている。なにやら怪しい。
「眉毛、剃ったんちゃうん?」嫁はんが指摘したが、
長男は「剃ってない」と言い張る。

すまし顔で、目は明後日の方を向いている。
じーっと見てみたら、左の眉毛に比べ、右の眉毛が短くなっている。
右の眉毛に、剃った眉毛がくっ付いている。

f0126840_23322655.jpg普段は電気剃刀を使っているのだが、持って行くのが重いから、備え付けの使い捨て剃刀のを使ったのだが、長男の好奇心を刺激してしまったようである。長男が、眉毛を剃るのは、これで二度目である。一度目は散髪屋でバランスよく整えてもらったのだが、薄くなっている。また、整えてもらうと、さらに薄くなるだろう・・・。

顔の輪郭は似ていないのだが、眉毛は、自分に似ているのである。
親父に似ている部分が嫌いだから、とかう理由ではないのだろうが、眉毛は伸びない、ということを理解出来ないようだ。

息子が自分に似ている眉毛を剃ってしまったのを見て、少し寂しく思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-31 23:34

安上がり

f0126840_2250813.jpg土曜日から、2泊3日の旅行へ。で、無事帰宅。
束の間の夏期休暇は終了。明日からは、また仕事である・・・。

大阪から、車で3時間。嫁はんと交代で運転した。
遠出するのは久しぶりである。
一日目の遊園地。パレードがあったり、賑やかである。

パレードの行列を見ている、人だかりの後ろから撮ってみた。
少し混んでいるが、夏休み中の土曜日ということを鑑みると、
もっと混んでいても不思議ではないように思った。


f0126840_22512085.jpg遊園地にて、自分はほとんど乗り物に乗らない。乗り物はあまり好きではない。長女が眠ったので、嫁はんと息子を見送り、乗り物の下で待つ。
以前なら、売店へダッシュして、嫁はんが降りて来るまでにビールを飲んだものだが、そんな必要もない。
長女のベビーカーの横で、ボーっと待つだけである。

ホテルに着くと、長男が冷蔵庫を「ボッタクリ箱」と呼ぶ。
そんな風に、教えた覚えはないのだが、お品書きを見てみると、レギュラー缶のビールが、一本500円である。
(たしかに、ボッタクリのように思う・・・。)

f0126840_22523921.jpg
駅の自販機では、記憶が定かではないものの、確か230円程、ロング缶(500ml)で300円程だったと思う。もっと高い処でも、ロング缶で500円程だったと思うから、確かに高いように思う。
他にもアルコール飲料はたくさん入っているのだが、どれもべらぼうに高くて、飲む気も起こらない。
(飲めば、もっと高くつくのであるが・・・。)

夕食の時も、アルコールを飲まないから、追加料金はなし。チェックアウトの時も、部屋の鍵を返却するだけである。
ガソリンの値段が高くなったとはいえ、安上がりな旅行であった。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-30 22:59

聞き間違い

f0126840_2342241.jpg
旅行二日目である。
明日はお休みをいただいている…。
子供向けのイベントで「空にゲロ!、屋根にゲロ!」って歌うもんだからスゴい歌だな、と感心するともに親御さんから苦情が出ないのが不思議であった。
で、嫁はんに聞いてみた。
「スゴい歌詞やね」「何が?」(だってあんたスゴい歌詞やん。)
よくよく聞いてみると
「そら逃げろ!、やれ逃げろ!」と歌っているらしい。そらそうやわなあ。
そんな風に聞こえるのは自分だけのようだ。

とんだ聞き間違いである…。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-29 23:04

軽めの更新

f0126840_211070.jpg
旅先にて、軽めの更新。
明日も旅先なので、選挙は先週、期日前投票済。
ご訪問、ありがとうございました。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-28 21:01

応対

f0126840_061432.jpg職場全体の飲み会であった。
普段、居酒屋なんぞに行かないから定かではないが、
店員の応対レベルが落ちてきていると思う。

店そのものは、立派な作りであるが、ぎゅうぎゅう詰めである。
予約をしておいたのだが、別のグループと相席で満員電車のシートに座っているような感じである。

若い小奇麗な店員さんが、応対するのだが、内容が悪い。

自分が若かった頃なら「お姉さ~ん!」などと店員を呼び止めて注文したものである。
(「すんませ~ん」と呼び止めるのは、客の威信に関わると考えていた。)
やがて、店員呼出ボタンがテーブルに登場した。
注文したい時にボタンを押すと、店員さんがやって来るので、呼び止める必要がなくなった。

今日のお店は、居酒屋なのだが、テーブルオーダーの端末で注文する店であった。
机の上に端末が置いてあって、端末から注文する。もちろん呼び止めてもOKである。
端末そのものは触らなかったが、当然、操作し易い画面になっているのだろう。
日頃パソコンを使って仕事をしているから、職場の連中なら誰でも操作できようが、
中でもパソコン通が、端末から注文する。

f0126840_071057.jpg飲み会が始まってしばらくした頃、注文していない揚げ物が来た。店員は、首をかしげながら、料理を下げる。しばらくして、また同じ揚げ物が来る。年齢層から見ても、揚げ物なんぞ、頼むはずもない。確かに注文を受けたと主張する店員。端末から注文すると厨房に注文書が打ち出されるらしく。「今度は、紙と一緒に持って来ます。」憮然としながら料理を下げる。
ラストオーダー間際に、また同じ揚げ物が来た。頼むわけがなかろうに。注文書の紙を持って来るのだが、見てもどんなシステムになっているのやら、さっぱり判らない。料理を受け取る理由もないから、受け取らない。
最後は、デザートであるが、運んで来た姉ちゃんが、
「デザートを頼まれた方は?」などと聞く。
注文した人を確認して、料理を運ぶことしか出来ないらしい。
確認するまでもなく、全員であるから、片っ端から置いていけば良いのである。

旅先で店員の応対が悪いと「大阪やったら、こんな店、3日ともたんわい!」などと、捨てゼリフを残すのであるが、大阪駅のすぐ近くにある居酒屋である。捨てゼリフも残さず店を後にしたが、誰も二度と行くまい・・・。

帰途、電車の中で考えてみたのだが、テーブルオーダーの端末とテーブルの番号が間違っていたのが、原因ではないかと考えた。注文していない料理が何度も来たのも、つじつまが合う。ならば別のテーブルでは、揚げ物を何度も注文し続け、結局あり付けなかった人もいるはずである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-27 23:59

予定外

f0126840_0133178.jpg朝一番に上司から、「本来はバット君だけど、彼、パンパンだから・・・。」と、仕事が3件廻って来た。今週中に片付けた方が良さそうと判断し、それに取り掛かる。本来の当方の予定などズタズタである。
午前中に1件完了。残り2件は、バランスがあるので、まとめて考えた方が良さそうである。
がどちらも、書類に重大な抜けがあるのを発見した。こんな書類をよく書いたもんだと怒りすら覚えるほどである。

抜けがある、と見抜くのも仕事である。
アイ子の場合、抜けを見つけると鬼の首でも取ったかのように、大騒ぎする。抜けを埋めるのは、先方の仕事。抜けを指摘するだけなら簡単であるが、書類を送ってきた部署と、気まずい関係になってしまう。先方は、ますます巧妙に抜けを隠そうとするし、アイ子も抜けを見つけるのに、やっきになっている。
(隠し酒に似たところがある・・・。)


f0126840_015122.jpgさて、今回の抜けであるが、こちらの気持ちが落ち着いたところで、先方に見過ごせないレベルの抜けがあることを伝え、抜けを埋める方法を先方と一緒に考える。
手持ちの資料で使えそうなものを引っぱってくる。繋ぎ合わせればうまく抜けが埋まりそうである。満点とは言い難いし、アラを探せばキリがないが、及第点に到達できそうである。

怒りに任せて行動しなかったおかげで、わだかまりもなく、収まりそうである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-26 23:59

マイ例会

f0126840_23434441.jpg今日は、ゆかたのお姉さんが、街に氾濫していた。
ゆかたのお姉さんの写真も捨てがたい。

問題:「ゆかたのお姉さん」と「マイ例会」どちらを選択しますか?
(1)「ゆかたのお姉さん」<「マイ例会」
(2)「ゆかたのお姉さん」>「マイ例会」
回答:(1)「ゆかたのお姉さん」<「マイ例会」

ということで、ゆかたのお姉さんの写真は、また今度。

f0126840_23441886.jpg仕事帰りに会場へ直行する。
会場では別のサークルの集まりもあるので、オバちゃん達が集まってくる。
こちらがタバコを吸っていると、たまに知らないオバちゃんに会釈をされる時がある。
こちらがアル中だとは思ってもみないのだろう。
(市の職員に見えるのかも知れない。)

身分を名乗れば、むこうは損をした気分になるのだろうか・・・。
少し複雑な気分になってしまう、怪しいオッサンである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-25 23:37

毎年恒例

f0126840_064091.jpg今日は、平日である。
いつもなら、こちらが出勤する際、息子は学校へ出掛けた後なのだが、夏休みである。
息子、嫁はん、長女の3人に玄関にて見送ってもらう。
「行ってらっしゃ~い!」とおどけた調子で息子が言う。
(何か、ムカつく・・・。)



今日もバット君は長電話をしている。
彼の欲しい回答は、「手続きをする」か「しない」である。

f0126840_075298.jpg手続きをする場合のメリットとデメリットを専門用語を交えながら説明する。
どうやら、電話の相手は新米のようである。
バット君の説明を一生懸命、聞いている様だ。
(相手も可哀想である・・・。)

めったにやらない手続きであるから、自分なら、問い合わせすらしない。
仮に、問い合わせたとしても、業界用語を交えて長々と説明などしない。
「普通はやりませんが、手続きしますか?」
と簡単に、メリットとデメリットを話す。で、もう一度、念押しする。
「普通はやりませんが、手続きしますか?」
相手は「しない」と答えて、終わりである。わずか5分と掛からない。
結局、バット君は一時間以上で説明していた。本当に彼は真面目である。

f0126840_0113018.jpgバット君が電話している横で、アイ子が電話を始めた。
どちらも周りを気にせず大声を上げるので、お互い相手の声が聞こえないらしい。
相手の声が、聞こえないと「電話が遠いんです」とさらに大声を上げる。
(ステレオみたいで、すごい臨場感。)
という風に考えてみたら、あまり気にならなくなった。
午後8時過ぎに仕事を終え、写真を撮りに向かう。


f0126840_0131752.jpg今日は、天神祭りの宵宮である。
船渡御は明日であるが、昨夜からテキヤさんが準備を始めている。
川に船が浮かんでいたので、写真を撮った。

明日はマイ例会の日である。
マイ例会と天神祭りが重なった記憶がないように思ったので、
調べてみたら、7月25日が水曜日だったのは2001年である。
(当時はもちろん、飲んでいた・・・。)
マイ例会と天神祭りが重なるのは、お酒断ちを始めてから、今年が初めてである。


f0126840_0134225.jpgお酒断ちを始めた年の7月25日、船渡御が行われるすぐ近くの例会場へ向かった。
「船渡御の日は、さすがに休会であろう。」と考えて、休会を確かめに行ったのである。予想に反して、例会の真っ最中であった。半時間、予定を早めたとのことである。

休会を確かめに行ったのに、滅多なことでは休会にならない、ということを教わった日である。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-24 23:56

三原色

f0126840_23917100.jpg仕事柄、紫外線をよく使ったものである。
夏目漱石の千円札が出た頃、札に紫外線を当てると、
印章が赤く浮かび上がるのを見て、スゴイと思ったのを思い出す。

今は、デスクワークばかりなのだが、お札に紫外線を当てたところを写真に撮りたいと思った。
ホームセンター等で、入手出来そうなものをあれこれ買い込んでみたが、なかなか、まともな紫外線の光量が得られない。
ただいま、LED(発光ダイオード)にて、紫外線の光源を得ようと、鋭意研究中である・・・。

f0126840_2311496.jpg光の三原色を混ぜてみようと思った。
赤、青、黄かと思ったら、赤、青、緑だというではないか。
赤と緑が混ざると、黄色になるというあたりが、うさんくさい。

で、試してみた。

タバコに付いてきた、LEDライト付きライターを3個用意する。
LEDの部分に、赤、青、緑の色セロハンを貼る。
手は二本しかないので、輪ゴムを巻いて、スイッチを押す(以上、一番上の写真)。
白い紙の上に、光を当てて、写真機にて撮影(真ん中の写真)。

f0126840_23125643.jpgあとは、真ん中の一箇所でのみ三つの光が集まるようにしつつ、撮影すれば良いのだが、なかなか難しい。セルフタイマーを使うとはいえ、手は二本、ライターは三つ。
片手で二個持ちつつ、シャッターを押して、もう一個の光を当てれば良いのだが、うまく当らない。

赤と緑が混ざると、黄色になるというのは、実感出来たので、
まずは、満足である・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-23 23:17

大画面

f0126840_0243948.jpg先月末に、お袋がテレビを買い換えた。
数年前から、買い換えたいと言っていたのだが、ようやくである。
長女が生まれたので、部屋にエアコンを付けたい、
という嫁はんとともに電気屋へ仲良く出掛けて行った。

液晶大画面、映りもキレイである。
とはいえ、自室にもテレビがあるから、あまりそのテレビは見ない。

今日も、自室でテレビを見ていたら、洋画が始まった。
ブラウン管のボロいテレビでも、きれいな映画である。
これは大画面で見よう、
と、お袋の部屋で、鑑賞させてもらうことにした。
さすがに、迫力がある。

f0126840_0254386.jpgところが、やたらCMが入るのが気に入らない。
大画面で「さんTORY」のCMが繰り返し流れるのである。
もう、無縁のものとはいえ、ウマそうに見える。

自室のテレビが、ボロかったおかげで、飲酒欲求が湧かなかったのだと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-07-22 23:59