<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

愚直

f0126840_23361798.jpg知識が豊富すぎるアル中は、止めにくいように思う。
知識が豊富というのは、ある意味、危険であると思う。本で得た知識ならなおさらである。
酒害について勉強したのだが、止められない。どうして止められるのか不思議だとさえ言う。

酒害の恐ろしさが判ってないんじゃない?
と言いたくなるが、(本で読んだのだから)充分判っているという。
判っていれば、止められるでしょう?でも、止められないから不思議らしい。
知識は豊富なのだろうが、やはり判っていないのだろうと思う。

知識が豊富な人というのは、学業優秀な優等生なのだろう。
一般的にはプラスに働くはずの知識が、酒を止めるのには却って邪魔になるように思う。

ある程度の知識は必要だろうが、それ以上の知識は要らないように思う。
酒を止めるのに必要なのは、愚直に例会出席することであると思う。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-30 23:39

異常飲酒

f0126840_2302465.jpg先日、同じサラリーマンのメンバーと、日常の仕事について話をした。
「エタノールを飲んだのも納得できるなぁ・・・」という。
日本薬局方消毒用エタノールだから、成分は精製水とエタノール。
当時は、不純物もなく体に優しい気がした。

その方は、「普通の人はエタノールは、飲まない」という。
(この場合の「普通の人」とは一般人ではなく、普通のアル中である。)
飲んでいた酒の種類を訊いてみると、ジン、ウォッカ、・・・etc、なんでもありだったという。
が、確かにどれもこれも、普通のアルコール飲料である。

「ハブ酒は?」「ない。そもそも高いし・・・。」
「梅酒の漬けたばっかりのは?」「昔、一度だけのんだかなぁ・・・。」
(アルコール分の入った一般人が飲まないもの・・・。思いあたったので訊いてみた。)
「料理酒は?」「飲んだことはない。」

一般人が飲まないものを飲んだのは、同じアル中から見ても異常らしいが、
自分としては、ごく普通のアルコール飲料しか飲んでいないメンバーが、アル中と気付いたというのが驚きである。

異常飲酒には、自分のように異常なものを飲むパターンもあれば、
異常なことをしてまで、普通のアルコール飲料を飲むパターンの両方があるのだと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-29 23:23

ブログ

f0126840_2336672.jpg2ヶ月程前、月の写真を撮った時のこと。
露出オーバーで月が白く飛んでしまうので、
故障かなと思いつつ、露出を下げて写真を撮った。
そんなはずはあるまいとマニュアルを読んでみると
測光モードを設定する必要があるらしい。

同じように「うまく撮れない」という方からコメントを頂いたので、
測光モードを設定すれば良いらしい、とお知らせした。

測光モードが評価測光[(・)]とか中央重点測光[( )]になってると、
露出オーバーになるようです。
小生は気付かずに、露出を思いっきり落として撮りましたが、
スポット測光[ ・ ]にすると、オートでも綺麗にとれるようです。お試し下さい。


すっかり忘れていたのだが、昨日ブログを拝見したら、
見事な月の写真を撮っておられた。
測光モードを設定したらうまく撮れたとのことである。
お役に立てたようで、とてもうれしく思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-28 23:41

ストレッチ

f0126840_23333043.jpg朝一番に、ストレッチをしてみた。
激痛が走ったが、少し楽になったようである。
最近ストレッチと、とんとご無沙汰で会ったことに気が付いた。
体育会に所属していた頃は、よくストレッチをしたものである。
運動する機会もめっきり減ってしまったので、すっかりご無沙汰であった。

先日とある会場にて、若い女性のワーカーさんを見かけた。
会のメンバー曰く、陸上部出身とのことである。
半信半疑であったが、椅子に座っていたワーカーさんが、突然、足のストレッチを始めた。
陸上部出身というのは、間違いないようである。

f0126840_23341627.jpg家を出て、駅までの道を歩き始めたが、足取りは重い。重装備で雪山登山をしているような感覚である。

職場にて、椅子から立ち上がり、煙草を吸うために喫煙所へ向かう。
宇宙服を着て月面を歩いているかのような感覚にとらわれるが、
月面は重力が6分の1程らしいから、足取りは軽くなるはずである。
少し違うようにも思った。

しっくりとくる言い回しが思いつかないまま、
痛みは薄れていくのであった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-27 23:39

筋肉痛

f0126840_0104472.jpg朝、目が醒めると、筋肉痛であった。
職場に向かうため、地下鉄からの階段を昇る時、太ももの後ろ側辺りが痛い。

昼間はずっと座りっ放しであるが、立ち上がると痛みが走る。
煙草を吸いに行こうと歩く時も、ゆっくりである。ギクシャクと動きがぎこちない。
座っていると特に痛みは感じない。

そんな風にして一日を終え、地下鉄に乗ろうと駅への階段を下りる。
今朝よりも筋肉痛がひどくなっているようである。

f0126840_0112043.jpgずっと歩いていれば、痛みもだんだんと和らぐのだろうが、考えてみるとあまり動かないのである。
エレベーターに乗るから、階段を昇り降りするのは、ほんの少しである。

最寄り駅について、エスカレータに乗ったものの、左側をトントンと昇るのは、出来そうにもなく、珍しく右側の列に並ぶのであった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-26 23:57

ソフトボール

f0126840_0337100.jpg連休の最終日、ソフトボールの大会があった。
断酒会の方々は六十を越えてもピンピンしている方が多い。皆さん達者である。

お懐かしい方々とも再会できたし、フライが捕れたのもうれしい。
守備位置に飛んできたフライは落としてしまうのだが、少し離れたところのフライは捕れるようだ。余裕がないと、捕れるかどうかあれこれ考えてしまう暇がないので、とりあえずグローブを差し出すとスッポリ入るようである。

f0126840_05441.jpgゴロで親指を痛めた。少し内出血しているようであるが、大した痛みもないのが幸いである。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-25 23:47

散髪納め

f0126840_23344433.jpg散髪に行って来た。
そろそろ行かねばと思ったのが3週間程前。先週行こうかと思ったが、「正月までにもう一度行く?」と嫁はんに訊かれ、「もう行かない。」と答えると「もう一週間順延したら?」との一言に、従ったものである。これで、正月明けまで散髪に行くことはあるまい。

混んでいる時には一時間程待たされるのだが、今日は、がら空きであった。この時期に行く人は少ないのかも知れない。
散髪屋のオヤジが、開口一番「よう伸びとんなぁ!」とのたまう。確かによく伸びている。ハサミを入れてもらううちに、くたびれたオッサンが青年に見えてくるから、不思議なもんである。

散髪屋のオヤジが、「全然、飲んでへんのか?」と訊く。「止めて五年になる。」と答えつつ、五年経つのに、いまだに覚えているのだなぁと思う。散髪屋で暴れたことは無いのだが、酒の臭いをプンプンさせていたことを覚えているようだ。「飲みたくなったり、せえへん?」と訊くので「たまに・・・」と答えると、散髪屋のオヤジは「飲んだら終わりやもんなぁ」と言う。

話が堅くなりそうなので、「あんまり金を使わんようになった」と話題の転換を図る。「そりゃそうだ」と笑うオヤジ。酒の話はそれでおしまいである。

飲んだら終わり、というオヤジの言葉は正しいのだが、どこでそんな知識を身に付けたのだろう。テレビ等で得た知識なのか、他にもお仲間がいるのかよく判らない。

酒の臭いをプンプンさせていた頃、自分が帰ってから、「あいつ、また呑んどったでぇ」と、オヤジとおばちゃんの間で話題にされていたのだろうと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-24 23:34

深チョコ

f0126840_2340256.jpg昨晩、仕事の帰りにスーパーでアーチョコを調達した。
今日から連休だから、腹一杯喰ってやろうという魂胆である。
チョコ売り場に行くと、若い女性が二人チョコを眺めている。
どれにしようか迷っているのか、新製品を探しているのか知らないが、動こうとしないのである。アーチョコは丁度二人の間の棚に陳列されているから、割って入らないと取ることが出来ない。しばらく待つことにして、周辺をうろつくことにする。ようやく女性が立ち去ったので、ゴソッとカゴに入れる。

カップ麺が安くなっていた。シーフードヌードル(¥78)を2つカゴに入れた。横の棚を見るとミニカップのシーフードヌードルは¥87であった。何か不思議である。

春の検診にて、会社の保健士さんに「スリムねぇ。間食しないの?」と訊かれ、寝る前にチョコを食ってると答えると「ずるい!」と言われた。そう言われても、食べても太らないのだからしょうがない・・・。

飲んでた頃を思い出して、朝まで喰ってやろう、と思っていたのだが、一箱も食べきらないうちに、そのまま寝てしまった。
(今日こそは、深チョコをしてやろう・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-23 23:43

ポインター?

f0126840_013459.jpg長男の机を物色していたら、面白そうなものを見つけた。
試しに、横のスイッチを押してみると、青っぽい光が出た。

ほほう、と思いつつ畳に当ててみると、像が写っている。
どんな仕組みになっているのだろう。
おそらく、小さなフィルムでも入っているのだろう。

試しに光の出る所から覗いてみたが、見えそうにもないし、
光がやたら眩しい。
(きっとこれを覗いて、目を悪くする子供も多いだろう・・・。)


f0126840_015747.jpg色は青っぽいが、暗い所で使うものと言えば、
OHPのポインターを髣髴させる。
(赤っぽい光なら、ポインターとして使えるかな?)

職場で使ってみる勇気はないが、
外人さん向けのプレゼンならウケるかも知れない・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-22 23:59

持ち時間

f0126840_23271867.jpg長時間の発表は苦手である。
聞いていて、だんだんと集中力がなくなって来る。
よくまあ、こんだけ次から次へと話すことがあるもんだと感心するが、
長時間聞いていると、何を話しているのか、わからなくなって来る。
時系列の話ならまだしも、最近の出来事を長時間聞いていると、
論点があっちへ行ったりこっちへ行ったりしているのに気付く。
長い話は、とにかく苦手である。

マイ例会のペースが速く、時間が余りそうであった。
自分も話をさせて頂くことにしたが、目一杯話しても十分程。
話し始めた直後は、皆さんこちらに集中しているのだが、時間が経ってくると集中していないのが判る。そうなると、もう話を切り上げてまとめに入る。

年配の方で、少年時代から話始める方もいる。続いてまだ若かった頃の話を延々とされる。
年齢から逆算すると、まだまだ掛かりそうである。
ようやくバブルの頃の話になる。(まだ前世紀の話である。)
結局、ほとんどが酒歴の話で終わった。何だったんだろう・・・。

時系列でも、あまりに長いのは、つらいものがある。
[PR]
by enantio-excess | 2007-11-21 23:28