<   2008年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

願望

f0126840_234924.jpg例会での失敗談。
聞いていて悔しく思う時と、そうでない時がある。

誰でも最初は「願望」だけなのだろうが、やがて「決意」に変わる。
話を聞いていれば、「決意」があるかどうかは、伝わってくるものである。
そんなメンバーが失敗すると、とても悔しく思う。

いつまでたっても、酒を止めたいという「願望」だけ。
で、「飲みました」とか、「頑張ってます」という。
(「願望」だけなら、「失敗」と呼ぶことすら、疑問である・・・。)

「決意」していても失敗するメンバーが後を絶たないのに、
いつまでたっても、「願望」だけの話は、いい加減にして欲しい。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-11 23:29

頭痛

f0126840_021512.jpgここ数日、風邪気味で熱っぽかった。
風邪を引かないために、うがいをしたり、けっこう気を遣っているつもりであるが、あれこれ地道に努力をしても、ひく時にはひく。
少し頭がボーっとしたが、二日酔いの辛さに比べれば、ずいぶんと楽である。

二日酔いをしないようにするには、適量で止めれば良いだけのことである。
これが出来ずに、何度となく二日酔いになり、頭痛に耐えつつ仕事をしていたものである。
(また、その晩も性懲り無く飲んだ。)

その頃から、もうアル中だったのだと思った。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-10 23:57

黒鳥

f0126840_23285281.jpgマイ例会には、遅れて参加。
少し熱っぽく、風邪気味である。

帰宅途中、車内にて若いねーちゃんの、睫(まつげ)を見ていた。
長さは、1.5センチ程。異様に長いし、密集度もスゴイのである。
それをキレイに平らにして、先端からカールさせている。
瞼を閉じると、目の下が隠れてしまう程。

連想したのは、黒鳥の羽。
横顔(といっても睫だけであるが)に、じっと見とれていた。
ねーちゃんが瞬きすると、黒鳥が羽根をはばたかせているような感じ。
(「ばさばさ」という音が聞こえてきそう。)

いくよくるよの漫才を見ているようであった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-09 23:24

たくらみ

f0126840_23354669.jpg寝室で横になりながらテレビを見ていたら、長男が入って来た。
しばらくして、嫁はんが長女を連れて入って来た。いきなり、部屋の灯りを消す。
ふつう「(灯り)消すよ?」ぐらいの一言があってもよさそうなもんである。

別に腹も立たなかったが「何でいきなり消す?」と訊いてみた。
「だって、もう寝てるやん。」長男が寝ているからと言うことらしい。

長男が布団に入ったのは、嫁はんが入ってくるほんの少し前であるから、
もう眠っているとは考えづらい。どう見ても狸寝入りである。
起きていると、嫁はんに叱られるらしい。狸寝入りを暴いたところで仕方ない。

トコトコと長女が長男に近付き「ダァ~っ」とやる。
寝ていたはずの長男が「バァ~っ」と相手をしだす。
(完璧に、起きとるやん・・・。)

長男のたくらみも、無邪気な長女には敵わないないようである。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-08 23:39

f0126840_23314530.jpg今日から仕事始めである。
年末から数えると、なか九日ぶり。
体内時計が狂ってしまったのか、朝のお通じがない・・・。
まあ、そのうち出るのだろうと、気にしないことにして職場へ向かう。

久しぶりなので、体に堪えるかと思いきやそれ程でもない。金曜の晩から飲み続け、月曜の朝を迎えた時に比べれば、随分と体が軽いのである。そのまま、うだうだと仕事をすることも考えたが、とっとと職場を引き揚げた。

職場を出たところで、手持ち無沙汰であることに気付く。
傘を忘れたので、取りに戻る。

このまま帰宅するか?とも思ったが、例会場へ向かうことにする。
雨はすっかり上がっているから、今度は例会場に傘を忘れてしまいそうである。例会が終わるまで覚えていられそうにない。(職場へ置いてくるべきだったかな・・・。)

人差し指に手持ちの赤ペンで「K」と書いた。KASAとの意味。
(これで大丈夫だろう・・・。)

例会場を出たところで、小生が傘を持っているのを見て、別のメンバーが「傘を忘れた!」と気が付いた。
(「K」と書いていなければ、二人揃って忘れるところであった・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-07 23:36

未練

f0126840_23121658.jpg明日から、また仕事である。
年末に定期券の期間が満了したので、新しく購入せねばならない。
昨日、銀行のCD機にて、お金を引き出した。
当初は、月曜の朝に購入するつもりだったが、土曜日でも購入できるらしい。そのまま、駅で定期券を購入。有効期間は月曜日から六箇月。
明日の朝、定期券を買わなくて済むので、ほんの少し気が楽である。
f0126840_23144783.jpg
酒店の前を通った。足繁く通っていた酒店であるが、ここ数年来、店内には入っていない。もう用がないのである。素通り出来るようになるまで、近付くことさえ避けていた時期もあった。何であんなにイライラしたんだろう。未練みたいなもんだろうか・・・。

中をチラッと覗いたものの、あんまり覗いていると危ないと思ったので、とっとと立ち去ることにした。前を通っただけでイライラするようなことはないものの、危険な場所であることに変わりはないのである。
(「アル中、危うきに近寄るべからず」ってところだろうか・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-06 23:21

代引き

f0126840_05192.jpg嫁はんが実家へ帰っているので、お留守番である。
玄関のチャイムが鳴ったので、出てみたら宅配便。
兄ちゃんが、嫁はんの名前を言うので、印鑑を渡そうとしたら、
「着払いなんですが。」という。
兄ちゃんが示す伝票を見ると、嫁はんの名前に間違いないのだが、中身が判らない・・・。

「中身、何ですか?」と訊いてみたが、「お茶ですかねぇ。」とのこと。
パッケージを拝見するが、「健康」の文字は目に入ったものの、中身が何なのか、記載がないのである。包みを受け取ったものの、本当に嫁はんが注文したものかとうか判らない。

「どうされます?」と兄ちゃん。金額は五千円。
「あんまり着払いでは買わないんでねぇ・・・。」と受け取りかねる旨、表明してみた。
兄ちゃんは、不満を言うでもなく「では、また後程お持ちします。」と包み持ち去った。

f0126840_081823.jpg「何か着払いで買った?」とメールにて嫁はんに確認すると、クッキーとのこと。
(えらい高いクッキーやなぁ・・・。)

ダイエット食品のようである。メーカのHPを拝見すると、一食あたり5百円そこそこなので、普通の食費と変わらないとのこと。
(されど、クッキーはクッキーであろう・・・。)

数時間後、再び兄ちゃんが届けに来た。
手間を掛けさせたと思ったので、お礼を言いつつ受け取った。
兄ちゃんの「お茶ですかねぇ」との読みは鋭いと思った。
(重さと金額から判断したのだろう・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-05 23:53

里帰り

f0126840_2344544.jpg長男の風邪が治ったので、嫁はんは子供を連れて里帰り。
朝早くから出発したが、小生は、自宅でのんびりさせていただく。

飲み方がおかしくなってからも、正月には実家でも、お酒を出してくれた。
お祝いに酒を供えるのだが、親父さんは飲まないから、処分に困るらしい。
「屠蘇が浸かりすぎたかも・・・」などと言いながら出してくださるのだが、一向に気にならなかった。
(メタノールやトルエンが入っていなければ、どうということはない。)
f0126840_2345061.jpg
年末テレビを見ていたら、「おしりかじり虫」の歌が流れた。
嫁はんの着メロも「おしりかじり虫」である。
長女のお気に入り。横で口ずさんでやると踊りだす。

「かじってナンボの商売だ」
歌詞もおもしろい。

しばらく長女と会えなくなるのが寂しい・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-04 23:41

感情表現

f0126840_23171641.jpg長女が食事中に食べ物を投げたので叱ることにした。
判らないだろうと思いつつも、少しきつい口調で注意した。
長女は、無表情のまま障子を叩き始める。

お袋に訊くと、叱られるとこういう行動をするという。
叱られたことは理解しているようだが、理由が判らないらしい。
長女にしてみれば、理由が判らないので甚だ心外なのであろう。
その不満を、障子にぶつけるようである。

f0126840_23181899.jpg食事を与えながら、長女に「どない?」と訊いてみる。
頬っぺたを押さえる。おいしいということらしい。
いらない場合には首を横に振る。

言葉は判らないのだろうが、語調で理解しているようである。
この時期から、英語で語りかければバイリンガルになるのだろう。
(こちらが英会話に堪能であれば・・・)
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-03 23:20

体調管理

f0126840_23225327.jpg正月早々、長男が風邪を引いた。
引いてしまったもんは仕方がない。
布団を被って寝転ぶ長男。長女には近付こうとしないし、彼なりに気を遣っているようである。
別室で寝る長男の様子を見に行った。熱は38度超。
小さい頃、長男は熱を出すとすぐ脱水症状を起こしたから、水分を摂るようにいう。
長男を家に残し、嫁はんと長女の三人で初詣に出掛ける。
f0126840_23302515.jpg酒樽の前で、写真を撮っている人がいた。昔は自分も写真を撮ったものであるが、アル中になってからしばらくは、目を背けていた。今年は写真に収めてみた。
(樽酒なんぞ、あんまり飲んだこともないし・・・。)

帰宅後、少し頭痛がしたので、小生も風邪を引いたかも知れぬと言うと、
「体調管理が出来ていないんだから・・・。」と嫁はんに言われた。
「親子揃って、体調管理が出来ない。」などとのたまう。

f0126840_23313168.jpg休み中は頻繁に昼寝をしているから、体力は充分である。長男が寝転がっているのは、小生の布団である。長男が風邪を持ち込んだ時点で、当方は風邪を引いても仕方がなかろうと覚悟を決めた。
予防していても風邪は引くもんである。引いてしまったもんは仕方がないではないか。こんな機会に予防方法を徹底させれば良いのに、風邪を引いたことを咎めるような口調である。


夕食後、少し言い過ぎたと謝る嫁はん。実家の両親と旅行に出掛ける予定がダメになったことが腹立たしかったらしい。
小生は構わないのだが、長男にはもう少し優しく接して欲しいと思う。
[PR]
by enantio-excess | 2008-01-02 23:38