「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

感染経路

f0126840_23325588.jpg風邪を持ち込んだのは長男だと思っていたのだが、その長男が風邪を引いた。意外である。喉が痛い、吐き気がすると症状を訴える。

少し熱もあるようだ。夜中に何度も起きてはトイレにて戻している。
「長男→長女→小生」の感染経路①を推測していたのだが、実際は
「長女→小生→長男」の感染経路②だったようである。
疑ってしまった上に、長男にうつしてしまったようで申し訳なく思いつつ、やっぱり感染経路①で、長男の風邪は新顔かも知れない、などとも考えている。

「のどの奥にエヘン虫がいる」と違和感を訴えるものの、嫁はんは元気である。いずれにせよ、長男も早く元気になって欲しいもんである・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-29 23:33

色眼鏡より虫眼鏡

f0126840_2352815.jpg他人様の嫌な面を最初に見ると、その後も色眼鏡で見てしまう。
良い面を見ても、見方が中々変わらないのである。
最初の印象が正しかったのだと固執するきらいもある。

マイ例会にも、色眼鏡で見続けるメンバーがいるが、やはり良くないと思う。
もっと、良い面も見て行くべきなのに、と思ったりもする。

良い面がなかなか見つからないこともあるだろう。
色眼鏡より、虫眼鏡で見るのが良さそうだ。
そう考えると、苦手だと思っていた人の良いところも見えてきた。

とはいえ、アイ子の良い面を見つけるのは至難の業である。
要領が良い。詭弁が上手。忙しく見せるのは絶品。仕事中のコソ寝は職人技・・・。
(顕微鏡で覗いて見る必要があるかも知れない。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-28 23:52

二者択一

f0126840_23522388.jpg引き続き、本日も風邪で体調不良である。
朝、寝床にて職場へ行くのを止めようかと考える。
でもマイ例会へは出席したいと考えている。

(例会へは出られる位の風邪なのに、職場へ行かないとはどういう了見?)
・・・まぁ、そういう日もあるだろう・・・。

(仕事を休むくらいの風邪なのに、例会に出るとはどういうこと?)
・・・それなら、自宅でおとなしくしておくべきであろう・・・。

どちらも休むか、どちらも出席するかの二者択一であると考えた。

咳は出ないので、他人様にバイ菌をばらまく心配はなさそうである。
どちらも出席することにして、寝床から這い出したのであった。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-27 23:52

蔓延

f0126840_2337332.jpg先週末位から、長女が夜中に目を覚ましては泣くようになった。
喉が痛いのだろう。泣き叫ぶのだが代わってやることも出来ない。
歯がゆい思いをしていたのだが、その風邪をもらったようである。

喉の奥が痛くて、鼻も出てくるし、吐き気もするわで、長女が泣くのも良く判る。人にうつしたのだから治るかと思えば、長女はまだ完治していない。可愛いクシャミが聞こえて見てみると、洟がだらーっと垂れている。昭和の頃の小汚いガキのよう。ティッシュで洟を拭き取ってやる。

手を握るとあったかくなっている。眠いようだなと思いつつ、こういう風に手を握ったりするから、風邪がうつるのだろうとも思う。しかし、あまり出歩かない長女が風邪を引いたのはどうしてだろう。小生は、帰ってきたら、長女を抱かかえる前に必ず手を洗うのだが・・・。

どうも、ピンピンしているカツオがあやしい・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-26 23:17

サザエさん

f0126840_23462834.jpg長女はまだ話せないものの、少しずつ言葉の意味を理解し始めているようである。いただきます、と言えば手を合わせるし、おいしい?と聞くと自分の頬に手をあてる。

イクラちゃんと同じくらいだろうか。
「はぁい」「ぱぁぷぅ」ではなく、長女の場合は「あーちゃ」である。

やがてタラちゃんと同じくらいになって、
ワカメちゃんになっていくのだろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-25 23:46

もやしもん

f0126840_2330860.jpg息子と買物に出かけた時のこと、もやしもんを買いたいと言った。
嫁はんは、小生に訊いてみたらという。パラパラとページをめくってみたものの、却下した。息子は、ボーボボも好きであるので、てっきり同じ系統のものと思ったのである。

数日後、あまりにも欲しがるので、買ってみたところ結構面白い。
(ところどころ、小生にとっては危険な描写がある。)

毎日、もやしもんを枕元に置いて眠る長男。
どんな夢を見ているのだろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-24 23:38

スタートライン

f0126840_23592658.jpg入院した頃、本当に酒を止められるとは思わなかった。止めようとは思ったが、どうせ止められないだろうと思った。退院が近付くにつれ、とても不安になった。

スタートラインに立った時には、想像も出来なかったのだから、酒を止めているのはスゴイことのようにも思う。確かにスゴイことであろうが、スゴイことが出来たから、自分がスゴイ人間かというと、そんなことはない。止められるのは、例会に出ているからである。

自分がスゴイ人間だと勘違いすると、走り出して間もないメンバーを、あれこれ批判するようになるのだろう。

あの時の不安な気持ちを、忘れてはならないと考える。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-23 23:24

倶楽部

f0126840_234547100.jpgマイ例会と同じ日に、近くの体育館にてスポーツ倶楽部の練習をしているようで、ラケットを持った方々とすれ違う。会場の横では、別の同好会が毎週会合を開いている。スポーツクラブに誘われたこともあったが、毎週はムリと考えて、入会もしなかった。

そんな自分が、毎週例会に出ているのだから不思議である。例会に出てメンバーの顔を見るのが楽しみですらある。面白い話が聞けるわけでもないのが、また来週も出席しようと思う。

まだ繋がって間もないメンバーを、批判するのは良くないと思うのである。雰囲気の良い、メンバーが長続きする例会にしていきたいものだと考える。

(そろそろ、お役目が回って来そうな雰囲気で、少し気が重い・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-22 23:46

沈黙

仲間の一人が、生涯断酒を貫徹された。
今でも、その方の声を覚えているのだが、もう聞くことは出来ない。
心より、ご冥福をお祈りする。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-21 23:48

ガイドライン

f0126840_23514935.jpgマイ例会にて、司会を担当させていただいた。
誰が決めたのか判らないのであるが、司会は発表しないものらしい。
しかしながら、テンポが速く、どう考えても時間が余りそうなのである。

マイ例会では、少し前から、途中休憩を入れるようになった。朋友の例会では途中休憩を入れるところが多いが、エリア内の例会では初の試み。今日は、長めに途中休憩を入れても、時間が余りそうである。

カバンの中に先日の本が入っているのを思い出した。勉強会をやっているところもあると聞く。司会者の独断で、ガイドライン(指針)を読ませていただくことにした。自分が読みたかったのは「二.断酒例会に出席し自分を率直に語る」。「しゃべらされるから例会に出たくない」の記載のある項。先週読み返したところなので、すんなり読めるであろう。しかしながら、順番から行くと「一」から始めるのが筋であろう。ということで、「一」の項を読ませていただくことにした。

練習も無しに読み始めたもんだから、声が上ずっているのが自分でも判るくらい。かむことはないもののアガリまくりである。五分くらいで読み切れるかと思ったが、声に出して読んでみると、結構長いのである。十分ほどかかってしまい、冷や汗もんであった。

読み終えたあと、さらに発表するほどの気力は、もはや残っていなかった。
[PR]
by enantio-excess | 2008-02-20 23:45