<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

結論

f0126840_2351828.jpg研修にて、昔の仕事内容を振り返るプログラムがあった。入院する直前に担当した研究テーマ。結局、日の目を見ずに終わったのだが、冷静に分析してみると、やはりテーマ設定段階に問題があったことに気が付いた。

テーマが設定されてしばらく後、小生は召集された。何となく胡散臭いものを感じつつ、毎日、実験を繰り返していたところへ、上司Aが転勤。代わりにやって来た上司Bが、鬱陶しい奴で、自分は一切実験しないのだが、やたらと実験水準だけ立案する。全部の実験を完了させるには、相当日数がかかるし、テーマそのものに胡散臭さを感じたので、テーマの見直しを提案したが、けしからんと怒られた。上司Bは自然科学の法則すら理解していない部分があったし、下らない実験スケジュールだけを連発してくるので、ボスCを交えて議論することにした。

小生の説明を聞き終えたボスCは、小生よりも上司Bの言うことを信用するという。理由を尋ねると、「小生の素行が悪い」とのこと。中身はよく判らないので、素行で判断するという。その頃から、二日酔いで休んだりしていたから、素行を持ち出されると勝ち目がない。上司Bは勝ち誇ったように頷いた。それからも酒の量は増え続け、やがて入院。上司Bは実験しないから、実験は中断したまま。復帰後は従順さを装っていたが、今の職場からメンバーを一人差し出して欲しいとの要望を受け、ボスCは小生を指名した。テーマそのものが中止になったのは、小生が転勤してから、さらにしばらく後のことである。

小生が見直しを提案した時に、ボスCが耳を傾けていたら、無駄な研究はしなくて済んだだろう。ボスCに信用してもらえない程、酒を飲んでいたところに、小生が負けた原因があるようである。「飲んだら負け」の結論に達した。

とはいえ、結論をそのまま書く訳にも行かないので、ひと捻りすることにした。
「説得術を身に付ける」

有意義なプログラムであった・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-21 22:43

過去の自分

f0126840_01486.jpg二泊の研修をようやく終えて、帰宅。
研修では一日のプログラムが終わると、ちょっとした酒の席が用意されている。一昔前なら待ち遠しかった時間帯が、現在は苦痛である。見知らぬメンバーに「飲めない」と言うと「飲みそうな顔なのに・・・。」と切り替えされた。(どんな顔やねん・・・。)

ビールをおとなしく飲んでいる方が多かったが、一人だけ手酌で焼酎を飲んでいるメンバーがいた。近付かないように気を付けながら適当なところで引き揚げたが、研修所の中でタバコを吸えるのは飲み会が行われるエリアだけである。で、タバコを吸いに戻ると、先ほどのメンバーの横に微妙な隙間がある。後ろでタバコを吸っていると、輪の中に入るように勧めてくるご当人。いえいえお構いなく、と辞退するとご本人が少し下がって、輪を大きくしてくれた。当方は、輪の中にすっぽり包み込まれている状態。酒呑みとは、何故こんなに気が利くのであろう・・・。

輪の中に包み込まれたものの、距離を置いていると、避けられていることを感じ取ったらしく、当方に話しかけてくる。初対面にも関わらず、「・・・で、そいつに『あほか、お前は!』と言ってやった。」と大声で話し続ける。既にろれつが回っていない。一人で下町のナポレオンを一本平らげれば、そうなるのが当たり前だろう・・・。

過去の自分を見ているようであった。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-20 23:59

携帯にて2

f0126840_23532170.jpg引き続き、職場の研修。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-19 23:53

携帯にて

f0126840_23504033.jpg職場の研修に泊まりで参加中。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-18 23:50

花火

f0126840_0143973.jpg夕食後、花火を楽しむ。長男が、火の付いた花火を振り回すので、たしなめたものの、こちらが子供の頃に比べれば随分おとなしい。

よく、近所の友達と花火をしたものであるが、手持ち花火よりも打ち上げ花火が主流であった。落下傘を打ち上げたら、風で流されて、隣家の庭に入ってしまい、悔しい思いをしたことがある。兄の友人がロケット花火を打ち上げたら、止めてあった車のシートに燃え移って大騒ぎになったこともある。

夏の夜につきものだった、ロケット花火の音が聞こえなくなったのは、いつからだろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-17 23:47

騒音対策

f0126840_014065.jpg先日、職場のボスが、文献を読んでいた時の出来事。
ボスは判断するのが役目であるから、メンバーにあらすじを提供してもらうのが普通。文献を自分で読むとは珍しい・・・。

しばらくすると、バット君が電話を始めた。またいつもの調子でまくし立てている。声はでかいし、話が長い。小生なら5分で済む内容を半時間以上、語り続ける・・・。

バット君が電話をして間もなく、ボスが席を立った。トイレにでも行ったのかと思ったが、なかなか戻って来ない。タバコを吸いに喫煙所へ行こうとしたら、会議室にて一人で文献を読んでいるボスを見かけた。バット君の声が原因で、文献に集中できなかったのだろう・・・。

自分だけ騒音から逃げるのではなく、職場の環境を改善して欲しい・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-16 23:37

[Ctrl]+[Alt]+[↓]

f0126840_23154589.jpg職場のPCにて、少し大きめのファイルを開けて作業をしていたら、画面が重くなった。キーボードの設定がおかしくなったかと、しばらく格闘してみたが効果なし。実行中のプログラム数を減らそうと決意した瞬間、画面が暗くなった。で、明るくなったと思ったら、なんと、画面が上下反転しているのである。とりあえず。再起動しようと考えたが、画面が反転しているから、マウスを動かすのも一苦労。ようやく再起動に成功した。

モニターのスタート画面が正常に起動する。直ったと思ったが、ウィンドウズのログイン画面になると、見事に逆さまである。(再起動では生ぬるいか・・・。)ととシャットダウンしてみた。モニターは正常に起動するのだが、ウィンドウズが起動すると、やはり逆さまである・・・。

f0126840_23181312.jpg逆さまでのPCは操作しづらいものである。モニターを逆さまに置けば使えそうだが、固定するものがない。近くにいたメンバーに事情を話すと、グーグルにて検索してくれた。(こちらは身動きもとれない・・・。)『[Ctrl]+[Alt]+[↑]で、元に戻るらしい。』と言うのでやってみたら、一瞬画面が暗くなり、見事に元に戻った。どうやら意識せずに[Ctrl]と[Alt]と[↓]を一度に押してしまったらしい。[→]や[←]を押すと、画面が横を向く。いたずらにはもってこいである。(今度誰かにいたずらしてやろう・・・。)

自宅のPCにて試してみたが、ウィンドウズのバージョンが違うのか、逆さまにはならなかったので、画像は作りものである。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-15 23:14

午後の紅茶

f0126840_23571769.jpg職場にて、バット君の肝っ玉の小ささに苛立ちを覚えた今日一日。一昔前なら、ぱぁーっと飲んで憂さ晴らししていたのだ、そういう手法が採れないのが悲しいところである。ここはひとつ、「午後の紅茶」でも飲んでやろうと、帰宅時にコンビニへ寄る。外観といい中身の色といい「RED」を彷彿させる、1L入りのミディボトルが、最近のお気に入り。

コンビニにて、ペットボトルのコーナーを探したが、見当たらない。その横には、冷えたアルコール飲料が並んでいる。視線を反対側に移すと、それっぽいビンが見えた。「おっ、こんなところにあるじゃん。」と一瞬思ったら、「RED」のビンであった。

もう一軒、別のコンビニも物色したがやはり見当たらず。仕方がないので、1.5L入りを購入し、空きボトルに詰め替えた。布団に入りつつ、じっくり飲んでやろう・・・。
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-14 23:47

たくらみ

f0126840_22454966.jpg嫁はんが、昨日から長男と長女を連れ実家へ里帰りしている。
家の中は静かである。昨晩は、ぐっすり眠れた。
夜中に寝ぼけて蹴りをかましてくる長男がいないからだろう・・・。

あと数日、あんなことや、こんなことをしてやろうと思うのだが、
こそっと飲んでやろうという気持ちが、芽生えて来ないのは幸いである・・・。

(月が綺麗に見えるようになった。間もなく秋であろう・・・。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-13 22:46

楽しみ

f0126840_23414410.jpg昨日お邪魔した例会場に、初参加のメンバーがいた。
先日の研修会にも参加していたと、例会が終わってからお聞きした。
また、どこかの例会場で、お会い出来ることを楽しみにしているのであった。

(写真は「デディベア」という品種のヒマワリである。)
[PR]
by enantio-excess | 2008-08-12 23:48